群馬県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

群馬県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

健大高崎の下慎之介投手は182cmの本格派左腕投手で、最速は143キロだがバッターのインコースに鋭い球を投げてくる投手。フォームが柔らかく安定感もある、このまま球速を伸ばしてゆきたい投手だ。また191cm85kgの長身右腕・橋本拳汰投手も昨年の明治神宮大会で頭角を現しした。142キロの角度のある球は魅力十分。

また桐生第一の蓼原慎仁投手も180cmから144キロの速球を投げる。昨年までは控えだったものの、センバツでは先発を予定しており、すでに複数球団のスカウトが注目をしている。

その他の選手

桐生第一の広瀬智也選手は、181cm85kgの右のスラッガーで、通算15本塁打以上を放ち、公式戦では打率も4割以上を残す。他にも2番でパンチ力を見せる曽我一瑳選手、県屈指の長打力と評価される中島優月選手、軟投派だが安定した投球を見せるエースの左腕・宮下宝投手がいる。

健大高崎の戸丸泰吾捕手は、注目投手2人をリードし、セカンドまで1.8秒台の強肩を見せ、チームを引っ張る他、3番手として180cmから140キロの球を投げる桜井秀太投手に、ショートの橋本脩生選手とセンターの戸沢昂平選手は共に鉄壁な守備と50m5秒台の足を持つ。

前橋育英は捕手の須永武志選手が、強肩と正確な送球ができ、リードや経験など捕手としての能力が高い。また、故障をしてしまったものの、左腕の武藤翔也投手が140キロの球を投げており、復活が期待される。昨年から主力の飯野堪太選手も、セカンドで判断の良いプレーを見せる。

樹徳は右腕の北爪陽大投手が130キロ中盤の力のある球を投げ、大関空我選手は、攻守に俊敏なプレーを見せる選手。伊勢崎清明も加川航平投手は左から140キロの速球を投げ、守備にスピード感のある長瀬晴人選手も昨年からチームの中心選手。前橋高の八木遼太投手も回転の良い力のある球を投げ、斎藤快太選手は俊足強肩の3拍子揃った選手。

他に投手では、安中総合の清水惇投手は、172cmだが140キロの強い球を投げ、プロのスカウトも注目をしている。前橋商・橋本優雅投手も177cmから角度のある130キロ中盤の球を投げ、明和県央の渡辺祐太投手は、184cmから130キロ中盤の速球と角度あるスライダーも威力十分。関東学園大付の西濱勇星投手は角度のある球を投げる投手で、大泉高の折尾祐亮投手は力感のないフォームから伸びてくるストレートを投げる。

東農大二の伊藤琉偉選手は180cmの大型遊撃手で、一発のある選手。高崎商大付の内河岳人選手は強肩捕手で打撃センスも良い。館林商工の松澤悠大選手は昨年秋に1試合2本塁打のパワーがある。中央中等の篠崎瑛斗選手は逆方向にも長打を打てるパワーを秘める。市太田の木村公信選手もスピードあふれるプレーを見せる。

また2年生では前橋育英の左腕・菊池楽投手がすでにエース格として投げている。伊勢崎清明の清水智仁投手もまだ体は細いが力と伸びのある球を投げ期待される。

健大高崎の小澤周平選手は思い切りの良いスイングで1年時から主軸を打ち、本当にチャンスに強い打撃は目を見張る。185cmの大型スラッガー・森川倫太郎選手も成長が期待されている。

2020年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント