長野県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

長野県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

上田西の高寺望夢選手は、178cm68kgの遊撃手で、50m6秒前半の俊足が注目されていた。2年生になると長打を連発するようになり、強打の遊撃手としてプロ複数球団が注目をしている。

同じく上田西の阿部巧雅投手は、178cmから144キロの速球を投げる右腕、常時130キロ中盤を投げており、力がある。進学を表明しており、大学での成長が期待される。

また飯山高校の常田唯斗投手も181cmの本格派右腕で144キロを記録、昨夏の甲子園では失点を重ねたものの仙台育英から4回1/3で7つの三振を奪っており、最近の練習試合では146キロも記録した。まだ伸びしろのある投手で、プロ入り後に大きく成長するかもしれない。

その他の選手

東海大諏訪の黒澤駿太捕手は、フットワークと強肩に優れ、打撃でも強い当たりを見せられるようになり注目されている。チームではキレのある球を投げる左腕の有賀達彦投手がおり、178cmから130キロ中盤を投げる小池遥介投手も控える。また、パンチ力のある小甲大貴選手と選手がそろっている。

佐久長聖は左のエース・梅野峻介投手は143キロを記録、中学時代に日本代表を経験しており、昨秋は北信越大会で2試合連続完封勝利を挙げている。主将で1年時から主力として活躍する藤原太郎選手も能力が高く、小柄だが一発長打のある山田大介選手も期待される。

飯山高校では馬場ひろと選手と近藤竜馬選手が左のスラッガーで、常田投手とバッテリーを組む佐藤留旗選手の強打を見せる。

松商学園は故障で登板をしていなかった本格派右腕の長野健大投手が復活気配だといい、どんな球を投げるか注目される。主将で二塁手の田所徹選手もチームをまとめる力がある。

他に投手では、長野日大の栗木将太選手が180cmから130キロ後半の速球を投げ、伸びる球質の球は威力十分。小諸商の加藤大雅投手は181cmから130キロ後半の速球を投げ、3番センターとして出場すると鋭い打撃を見せる。170cmの左腕・土屋呉巴投手も130キロ後半を投げ、1年秋から左の看板投手。下諏訪向陽の山崎巧斗投手は球威が自慢の右腕、篠ノ井の糸井隼輔投手もキレの良い球を投げる。

松本第一の伊東悠太選手は、左右に長打を打てるパワーのある選手。長野高の宮澤豪太選手も高校通算30本塁打を放つパワーある遊撃手。長野日大の西村優輝哉選手も逆方向にヒットを打てる技術の高い選手。塩尻志学館の荒井天晴選手も広角に打つ技術があり、投げても130キロを超す肩があるという。日本ウェルネス長野の織原啓太郎選手も柔らかい打撃が特徴。

2年生では、すでに県注目の遊撃手として名前の挙がる松商学園の熊谷大生選手や、左バッターとして強打を見せる岡谷南の星野光太選手、そして上田西で135キロの速球を投げる左腕の梅香拓海投手と山口謙作投手、右の小坂井春翔投手も小柄だがキレのある球を投げる。

2020年度以降-高校生-長野県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント