栃木県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

栃木県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

作新学院の横山陽樹選手は、身体能力と野球センス共に優れ、1年時は外野手で好プレーを見せると、キャッチャー、ショートでも素晴らしいプレーを見せる。結局3年時は捕手に戻った。また打撃でも佐々木朗希投手の速球を外野オーバーの長打し、U18代表ではアメリカ戦で木製バットでホームランを放つ。筋肉もそれほど見られず、フルスイングをするわけではないが、打球はしっかりとフェンスを越えていく。まだまだ大きく成長しそうな選手で、ドラフト会議では指名が確実視される。

投手では佐野日大の長島幸佑投手が186cm80kgの体から最速145キロを計測し、国学院栃木の神山陽登投手は既に140キロ後半を記録しており、150キロも時間の問題だろう。同じチームのシャピロマシュー一郎投手は191cmから145キロを記録するポテンシャルを持っており、青藍泰斗の佐々木康投手も177cmから伸びのある145キロの球を投げる。佐々木投手は変化球などの質も十分で、プロ志望をすれば指名されそうだ。

青藍泰斗の石川慧亮選手も、体は172cmと小柄だが、引き付けて打つスタイルでホームランを量産しており、兄のいるプロの世界に近い位置にいる。

その他の選手

作新学院は、横山選手に次ぐ存在として、鈴木蓮選手が鋭い打球を連発する。巧みな打撃を見せる高工翔成選手、鈴木敦也選手、磯丈嗣選手なども注目される他、180cmから力のある球を投げる秋澤拓斗投手に、2年生の左腕・井上力斗投手も1年時から注目されており、エースを争う。

国学院栃木は、145キロを超す二人以外にも落合勇斗投手と小野瀬大河投手は140キロを越し、安定感のある左腕・増野綾人投手もしっかりと試合を作れる。打線でもリードオフマンで高い出塁率を誇る池田愛登選手、長打力のある高澤孝介選手、黒宮真幸選手など、ポテンシャルの高い選手が集まる。

青藍泰斗も左腕の大金裕人投手も130キロ中盤を記録し、変化球のキレとコントロールが良く安定している。ヒットを量産する小太刀健斗選手、昨年から主軸を打つ阿部瞭雅投手、それらの投手をリードし長打力もある佐藤亮斗捕手などの選手が注目される。

文星芸大付の角田祥太郎選手は、中学時に全国制覇の経験wがあり、1年時からレギュラーを務め、現在は4番で強打を見せる。安定感のある左の鈴木寛大投手と右の高根匠人投手もおりバランスが取れている。

佐野日大は藤澤涼介選手が184cmからの長打者として注目、中学時に全国準優勝を経験している。宇都宮高の中山太陽選手は学業も優秀だが、昨秋にホームランを放つなど左バッターとして屈指の存在。宇都宮南の羽石将英選手は170cm85kgの体で左の強打者。

宇都宮工の柿沼陽太投手は抜群の制球力を見せ、石橋高校の山崎巧翔投手、右から力のある球を投げる。足利工の渡辺大翔投手も力のある球を投げる右腕として注目される。

また2年生では作新学院のエース格として投げる左腕の井上力斗投手、守備範囲が広く50m6.0秒の足がある田代健介選手などが注目される他、白鳳大足利の左腕・吉沢隆太郎投手はきれいなフォームから投げられており、磯卓真選手は1年秋に14打数9安打7打点の大活躍を見せている選手。石橋高校の小林到選手も1年夏からレギュラーとして活躍をしている。

2020年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント