滋賀県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

滋賀県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

近江の土田龍空選手は、1年時からショートの守備力が素晴らしく、打撃やプレーのスピード感も素晴らしい選手だった。2年時は体にパワーが付いてきた分、やや粗くなった印象もあったが、3年時にはそのパワーと技術に精神力が一致してきた。小園海斗選手のような成長曲線で来ており、ドラフト会議では上位で指名されそうだ。

投手では好投手がそろう。伊香高の隼瀬一樹投手は、178cmの右腕投手。球速は140キロ前後だがプロのスカウトが入れ替わり視察に来るのは、驚くくらい伸びる球のある。プロで長く投げられる体力をつけていきたい。瀬田工の小辻鷹仁投手は、181cm82kgから146キロの速球を投げ、変化球も多彩。通算本塁打が10本と体にパワーのある投手、球質も隼瀬投手に引けを取らないものがある。

光泉カトリックの森本修都投手はポテンシャルが注目される。188cm85kgから投げられる150キロの球は非常にロマンあふれる。この夏に大きく飛躍するかもしれない。

その他の選手

滋賀学園はサイドハンドから力のある球を投げる田上友一朗投手と、中軸で長打力が光る武川廉選手、中学時代に投手として注目され、現在は野手として打撃センスを見せる金城駿乃介選手がおり、また180cmの左腕・千葉葵投手は、1年生の夏以降に腰を痛めてから夏一本に絞って成長をしており、144キロを記録する。

光泉カトリックの中植樹一郎投手は、140キロの速球を投げる控え投手。松田陸選手は1年時から4番を打ち、昨夏は準優勝に大きく貢献した選手。水口東の竹嶋大星投手は球速は130キロ前半も、185cmから角度のある球を見せる左腕投手。野洲高の泉竜成選手はキレのある球を投げる左腕投手。綾羽の早津康生選手は、抜群の制球力で試合をどんどん進めていく。

綾羽の近藤大暉選手はフルスイングのスラッガーで、痛烈な打球を相手に見舞う。彦根翔西館の北村龍之介選手も県屈指のスラッガーと注目される捕手。立命館守山の景山透唯選手は、昨年冬の滋賀県選抜で木製バットでヒットを量産した。近江兄弟社の大橋青宙選手も打率を残せる打撃技術の良い選手。

近江高校は昨年注目された有馬捕手、林投手が抜けたが、その捕手の穴を埋めたのが、投手から転向した久保田勝紀選手で、強肩と落ち着いた守備に定評がある。

草津東の石津翔伍選手は長打力でチームを引っ張る。彦根東の西野開選手は、中学時代に陸上のリレーで優勝をしたメンバーで足が魅力。比叡山高校は長打力のある岩橋皇選手など、まだ詳細じゃない選手がおり、試合を見てみたい。

2年生では滋賀学園の阿字悠真投手が、179cmの右腕で130キロ後半の速球を投げる。また1年生の近江高・山田陽翔投手は、142キロを記録し、中学時代からテレビにも出演していた。打撃でも期待されており、2年後にどんな選手になっているのか楽しみ。

2020年度以降-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント