兵庫県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

兵庫県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

明石商の来田涼斗選手は180cmの外野手で、1年時から肩とスピードを評価され1番を打ってきた。昨年春にセンバツで衝撃的なホームランを打ったが、長打力が今年の高校生のトップクラスとなり、逆に足や肩がどのくらいかを評価したいレベルになった。スイングの強さ、スピード、フォローなどは強烈で、ホームランバッターを考えてドラフト1位をしても大丈夫だろう。

そして中森俊介投手は、最速151キロの速球に、スライダーも鋭く沈み、チェンジアップ、スプリットなど多彩な変化球を投げる。思い切り腕を振ってもしっかりとコントロールされた球を投げており、逆に制球が悪くてピッチングに苦しむような場面を見たことがない。この世代のNO.1投手としてドラフト1位指名されそうだ。

他に投手では西脇工の東田健臣投手が174cmの左腕で、最速142キロのインコースに食い込むエグい球を投げる。報徳学園の坂口翔颯投手はまだ特徴がはっきりしないものの、178cmから142キロの速球を投げ、多彩な変化球を投げる。明石商を9回1失点9奪三振完投で下すなど、安定感も高い。

東洋大姫路の柿本晟弥投手も1年時から注目されている投手で、181cmから145キロの球を投げる。将来は注目投手になりそうな雰囲気がある。

その他の選手

明石商は植本拓哉選手が打撃に卓越した選手で、昨年冬の兵庫選抜では木製バットで打率3割近くを打し、3年になって長打力も増している。井上隼斗選手は168cmの遊撃手で、守備力と共に選球眼の良さで打率も高い。控え投手も中野憂翔投手、根木郁光投手、須鑓源太投手などは全て130キロ中盤を投げ、制球力や変化球も良い投手で、他校ならばエース格として投げていそうだ。

神戸国際大付の岡野海翔投手は最速140キロの速球を投げ、変化球の鋭さもピカイチで注目される。130キロ中盤を投げる左腕の角谷凛斗投手も安定する。痛烈な打球を放つ県屈指のスラッガー・笠松拓真選手に、パワーのある浅田晴樹選手、二塁で動きの良さを見せる柴田大成選手など注目選手が多い。

神港学園は捕手の小林拓夢選手が打撃も良くチームを引っ張る。中学時代から注目された好打者の河村利毅選手、マウンドさばきの良い右腕の小林陸人投手も最終学年の夏に活躍を見せたい。

神戸弘陵の島野勇太投手は130キロ後半の角度のある球を投げる。新谷叶翔投手も130キロ後半の速球と大きなカーブを投げる投手として期待される。市川高の前田衛選手は、力強い球を投げる投手として、またパワーある打撃も注目される。赤穂高の山本颯真投手はテンポの良い投球で昨年秋に3試合連続完封勝利の左腕。

育英の西川凱斗選手は、1年生から出場をしており、高校通算19本塁打の長打力を持つ。同じく藤田星龍選手は確実性の高い打撃を見せる。東洋大姫路の根来亮凪選手は対応力の高い打撃で広角にヒットを打つ。市立尼崎の飯田泰成選手は167cmだがパワーのある選手、栃尾駿一選手は中学時代に注目された選手。武庫荘総合の長井翔太郎選手も守備に定評のある選手。

他にも高砂南の大久保和樹投手は180cmから140キロの速球を投げる投手と情報をいただいており、尼崎西の駿河龍壱投手も中学時代に142キロを記録したが肘の故障で一時断念も、再び高校で復活し146キロを記録しているという。隠し玉として見てみたい。

下級生では明石商の2年生・福本綺羅選手は来年の注目スラッガーの一人となりそうで、1年生の金岡丈二選手もすでにその長打力を見せている。報徳学園は183cm左腕の久野悠斗投手が成長したら楽しみで、下井田悠人選手はヘッドを利かした強い打球を打ちすでに実績あり。神港学園の三木勇人選手は高い弾道のホームランを打つスラッガー。

2020年度以降-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント