岡山県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

岡山県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

玉野光南の大塚将馬選手は181cm81kgの右打者で、高校通算39本塁打を放つ。とにかく強く振るパワーがあり、通算本塁打をどこまで伸ばすのか注目される。

創志学園の三方陽登投手は、184cm80kgの右腕で最速は147キロを記録し、昨年のエース・西純矢投手の後継と注目された。しかし、球の力はあるものの、制球であったり、合わされる場面も見られたりとまだ課題も見せる。

その他の選手

おかやま山陽の梶谷晃暉投手は、189cm82kgの体があり、腕をしっかりとしならせて投げる大型投手。一時期、捕手に転向していたが、再び投手に起用された。成長を見せたい。また、同じチームの漁府輝羽選手も183cm86kgの体があり、豪快なスイングで逆方向にも放り込める長打力を持つ。

岡山理大付は176cmの梶川航之介選手が、きれいにボールをスタンドに運ぶ右のスラッガー。外野からの強肩も見せる身体能力の高い選手。強打の二塁手・土山翔生選手や捕手の入江晴斗選手もおり、昨年から期待をされている183cmの右腕・金子晃大投手が成長したら面白い。

創志学園の冨田光哉選手は、強いスイングができるが投球にしっかりとコンタクトして振り切る。制球力の高い左腕の原圭吾投手が控え、内野手で落ち着いたプレーを見せる森田貫佑選手も安定した守備を見せる。

倉敷商は166cmエースの右腕・福家悠太投手と、2年生左腕の永野司投手で継投をするが、共に130キロ中盤の速球と変化球の精度で勝負する。1番・石川陸選手は出塁できる選手で足もある。2番・原田将多選手は長打力もあり、打点も稼げる。強肩俊足の洙田大輝選手、福島大輝選手も打線で繋がりを見せる。

倉敷工の福島章太投手は、故障が多かったものお、力のある球は魅力。西大寺高の齋藤龍馬投手も大きな力を秘めた投手。岡山東商業の村上陸投手は2年時から主戦として投げている左腕投手。金光学園の伊藤暖人投手もダイナミックな投球をする左腕で、昨夏、昨秋の県ベスト4入り立役者。

玉野光南の岡野一磨選手も体にパワーがあり、守備でも果敢なプレーを見せる遊撃手。関西高の森安亮太選手は、打球の強い県屈指の強打者。

美作高の小西典樹選手は、173cmの遊撃手で、素早い反応とフットワークが魅力。岡山一宮の江口雄介選手もショートのプレーに定評があり、打撃でもしっかりと塁に出られる。

2年生では岡山学芸館の仲村竜投手が、184cmから144キロの速球を投げ、久野陽真投手も180cmから140キロを記録する。仲村投手と同じく1年夏の甲子園でベンチ入りした西村陸努投手もエースを争う。岡山理大付の坂本凛投手も本格派右腕として期待をされている。創志学園も川端師童投手が次期エース候補と期待されている。

2020年度以降-高校生-岡山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント