高知県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

高知県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

明徳義塾の奥野翔琉選手は50m5.7秒の驚異的な足があり、昨年の明治神宮大会でもその走塁でスタンドを沸かせた。175cm67kgとまだ体が細いが、打撃もこれから強くなるだろうと期待する。とにかくこの足は、必ずプロの舞台で見たい選手。

明徳義塾では重い球を制球良く決める左腕の新地智也投手、遠投110mの強肩で正確なスローイングを見せ、50m6.0秒の足も見せる鈴木大照捕手、チャンスに強い強打者の元屋敷大誠選手も大学で早い段階で戦力になってくるかもしれない。

その中で、高知商の西村貫輔選手は、スーパー1年生と注目された遊撃手で、スピードあるプレーが注目される。高知中央で台湾からの留学生・曾昱磬選手も強肩と俊足を持つ身体能力の高い選手。高知中央では、180cmから142キロの速球を投げる和田育也投手もこの春の成長が楽しみ。

そして、中村高校の山下陽平投手はこの春に140キロ中盤を記録しており、さらにこの夏までに成長をしているか、見るのが楽しみ。

その他の選手

高知高校は180cm80kgのエース・安岡拳児投手が139キロを記録しており、将来も楽しみな投手。濱田世選手は180cmの投手としても130キロ後半を記録し期待されていたが、野手として主軸を打つ。奥内元斗捕手はセカンドまでの送球が2秒を切る強肩。高知高校には、2年生の150キロ右腕・森木大智投手、1年生の左の大砲・高橋友選手もいるが、今夏は3年生だけで臨むようだ。

高知中央は和田投手の球を受ける菅原洸太捕手もセカンドまで1.9秒の送球を見せ、山本大介選手は高校通算20本を超すホームランを打つ左のスラッガー、中越逸斗選手も長打力があり、2年生の板谷朋生選手も167cmだが143キロを記録する強肩内野手で打力も素晴らしく、打線は明徳義塾に匹敵するかもしれない。

岡豊の田中澪哉投手は力のある球を投げる左腕で昨秋は四国ベスト4入りをけん引、エース候補だったが昨年秋は故障をしていた川村元春投手も力がある。吉村蓮太選手も170cmと小柄だがパワーのある打撃を見せる。

明徳義塾の新沢颯真選手も昨秋に高い打率と打点を稼ぐ勝負強いバッター。高知商の元山晶斗選手は、1年時から西村選手と二遊間を組んできた。

中村高校の福岡佑度選手は180cm86kgの体がある長距離ヒッター。渡邊裕貴弥投手はアンダーハンド投手で安定感があり、山下投手よりも登板は多そうだ。梼原高の山下斗志樹選手もアンダーハンドピッチャーで、打撃センスも良い。

2年生では森木投手、板谷選手の他に、明徳義塾の代木大和投手は183cmの左腕投手で、中学時に139キロを記録している。また畑中仁太選手も183cmの右腕で138キロを記録する。二人で競い合って、最低でも140キロ中盤まで球速を伸ばしてほしい。明徳義塾では米崎薫暉選手も遠投115mの強肩が光る遊撃手。

2020年度以降-高校生-高知県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント