立正大淞南・谷川唯人捕手にスカウト10球団15人、「レベルが高い」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

立正大淞南が島根県高校野球大会の1回戦に登場し、プロ注目の強肩捕手・谷川唯人選手などに10球団15人のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

二盗を刺す

立正大淞南はこの日、松江商に3-0で勝利した。

プロ注目の二塁まで1.85秒という強肩が注目される谷川唯人選手は、6回2アウト1塁の場面で二盗を刺し、そのフットワークの良さと肩をアピールした。また打撃では1番で出場し、7回に先頭バッターで二遊間を抜けるセンター前ヒットを打ち、3打数1安打2四死球で1打点と活躍を見せた。

「武器は肩なんで」と話す谷川選手に、この日は10球団15人のスカウトが視察をし、ストップウォッチでスローイングのタイムを計測した。1.8秒台は出なかったようだが、コンスタントに1.9秒台を記録したという。

谷川選手に巨人の榑松スカウト次長は「動きがシャープで、スローイングに安定感と強さがある。高校生のキャッチャーとしてレベルが高い」と評価、また阪神の山本スカウトも「肩がいい。捕手として安定したものを持ってる」と評価した。

立正大淞南は、高校通算30本を超える佐藤文彰選手、140キロ中盤を記録する三宅海夢投手など注目選手が多く、これだけのスカウトが集まったと思う。この日は三宅投手が先発をし、1安打完封勝利を挙げた。こちらの評価はどうだったか注目されるが、谷川選手のリード力も評価が上がったとみられる。

谷川選手の目標はプロ入り、まずは島根でNO.1になり、その上を目指していく。

島根県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
島根県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

二塁送球タイム1・85秒の肩も見せた。6回2死一塁で二盗を試みた一塁走者を矢のような送球でアウトにした。視察した巨人の榑松(くれまつ)スカウト部次長は「動きがシャープで、スローイングに安定感と強さがある。高校生のキャッチャーとしてレベルが高い」と称賛した。

「肩がいい。捕手として安定したものを持ってる」と阪神・山本宣史スカウト。エース右腕・三宅を1安打完封勝利に導いたリード面も光り、打っても1番打者として3打数1安打1打点1盗塁。目標のプロへさらにギアを上げていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント