都城東・有馬太玖登投手投手が6回2失点、8球団スカウト視察し巨人「ずっと追っている」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

宮崎県高校野球大会では、都城東vs富島の一戦が行われ、都城東の146キロ右腕・有馬太玖登投手と、富島のプロ注目捕手・坂本龍太郎選手が対決した。

1安打2三振

都城東の有馬太玖登投手は、最速146キロの速球と鋭いスライダーを投げ、1年時より注目されていた投手。

この日、ストレートは最速で144キロを記録、スライダーも決まり、序盤から5回までは無失点を続けた。ただしマウンド上ではやや納得のいっていない表情も見せ、6回には2失点をしてしまう。結局、この回で降板し、6回5安打2失点、「今日は60点。球数が多くなり、試合のリズムがつかめなかった」という内容だった。

しかし、プロ入りに向けての意地も見せた。プロ注目の富島・坂本龍太郎選手との対戦では、4回にヒットを許したものの、2回と6回は三振を奪った。「思い切って振ってきたので、思い切って投げこんだ。強打者を抑えられてかなり自信になった」と笑顔を見せた。

この日は8球団のスカウトが両選手を視察していたが、巨人の脇谷スカウトは有馬投手について、「去年からずっと追っている。力強さがある馬力型の投手。将来性を感じる」と評価した。

まだ本調子ではないかもしれないが、これだけ投げられれば十分。ドラフト会議では4位前後での指名が予想される。

また坂本捕手もセカンドまでの強い送球を見せ、また投球を前に大きくはじいたが、二塁を狙ったランナーを強肩で刺すなど、強肩を見せた。ワンバウンドの止め方などまだやることはあるが、184cm84kgでセカンドまで1.82秒の強肩選手で、指名の可能性は十分ある。

宮崎県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
宮崎県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

宮崎・日南学園出身でソフトバンクなどでプレーした投手、有馬翔のはとこ。「野球を始めたきっかけ。同じ投手としてやっていきたいと思った」と背中を追った。目標も同じくプロだ。この日は8球団のスカウトが視察し、巨人の脇谷亮太スカウトは「去年からずっと追っている。力強さがある馬力型の投手。将来性を感じる」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント