宮崎県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

宮崎県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

都城東の有馬太玖登投手は、1年時からその球の力と質に注目されると、2年春の明石商との招待試合で146キロを記録するなど140キロ台のストレートを投げた。新型コロナウイルス感染拡大による自粛明けに141キロを記録し、これから調子を上げていく。自慢の球を見せることができれば、プロの放っておかない投手だろう。

富島の坂本龍太郎捕手にもプロが注目する。184cm84kgの大型捕手で、セカンドまでの送球は1.82秒を記録、素早いフォームと強肩は九州屈指。打撃でもパワーが付いており、ポテンシャルも含めて注目される。

その他の選手

日南学園は183cmの左腕で135キロの速球を投げる辰嶋優投手が注目される。昨秋に腰の疲労骨折で離脱をしたが、冬からここまでの長い期間に治り、そして力をつける時間もあった。投球を期待したい。4番の岩切光輝選手は180cm95kgのスラッガーで、左右のフェンス越えの当たりを打つ。3番の林冠臣選手は193cmの台湾からの留学生で、こちらも迫力十分。

小林西にも選手がそろう。140キロの剛速球を投げる照喜名洸希投手は2年時から期待をされていた。キレの良い球を制球良く投げる左腕の島田尚弥投手とのコンビは楽しみ。大城雄一郎選手はショートで強肩を見せ、投手としてマウンドにも登る。比嘉覚哉選手はどんな方向にもヒットを打ててパンチ力も見せる。

延岡学園も右腕の興梠奨英投手は140キロ台のストレートでグイグイ押してくる。2年時から4番を打つ遊撃手の河野哲大選手も、集大成として抜群のプレーを見せる。2年生投手の須藤綺梨投手などが成長をしており、それをリードする吉村諒人捕手は、卓越したリードと共に打撃のパワーも見せている。

都城東はもう一人の右腕・和田颯斗選手も140キロの速球を投げ、安定感では有馬投手を上回る。宮崎学園の源祥哉投手は、135キロのストレートに良いカーブを投げるが、野手としてもどんなポジションでもこなすセンスがある。都城泉ヶ丘の上小牧勇貴投手は175cmの右腕で、135キロと球速が伸びている。

都城高の山脇颯真選手は181cm80kgの体があり、投げては130キロ中盤から後半の速球を投げ、打ってもライナーでフェンスを突き破るような打球を打つ。日向学院の曽我幸大選手も176cm85kgから左中間・右中間を大きく破る当たりを見せ、昨年は都城東の有馬投手から2本塁打を放った。都城商の岡原大晟選手も130キロ中盤の速球を投げるが、内野手としても強肩を見せる。

都城商の馬庭大器選手も181cm80kgの体があり、中学時から注目されていた強打を見せる。宮崎日大の松尾和思選手も、昨秋の九州大会で2本塁打を打ち、逆方向にもしっかりとヒットを打てる。都城東の伊藤奏太選手も183cm83kgと恵まれた体がありポテンシャルがある。延岡星雲の黒田龍斗選手もシャープな打撃とショートの守備に定評がある。

延岡工の片伯部奨選手は、出塁率の高い選手だが5本塁打と長打力も持つ。日章学園の黒木力彰選手は50m6.1秒の俊足があり盗塁を決められる。都城泉ヶ丘の永山寛人選手もセカンドまでの送球が良い捕手。都城高の灰谷龍生選手は、フルスイングからの痛烈な打球が魅力。

2年生では、セカンドまでの送球で1.82秒を記録する宮崎日大の大山和泉捕手、都城東で次期エースとして期待される137キロ右腕の長尾一輝投手、日南学園で勢いのある球を投げる唐木澤湧也投手、そして鵬翔の山下統世選手は、強肩で俊足のリードオフマンとして期待される。延岡高の夏田峻作投手と鵬翔の髙木海来選手は、中学時代から注目されている選手で、この夏にアピールをし来年に繋げたい

2020年度以降-高校生-宮崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント