飯山の146キロ右腕・常田唯斗投手に8球団視察、DeNA「素材として面白い」

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

飯山高校で、昨年の夏の甲子園を経験している146キロ右腕の常田唯斗投手に、この日は8球団のスカウトが視察をした。

雨の中で

この日は試合が何度も中断するくらいの雨の中で行われ、常田唯斗投手も「指もボールもぬれた。ボールは拭いても、水がにじみ出てきた」と話すなど、厳しい条件だった。

その中で7死球に3つの暴投と、本来のピッチングは出来なかったが、それでも最速は142キロで11個の三振を奪い、8回を投げて6安打4失点、5回以降は無失点に抑えて10-5で勝利をした。「雨が降っている時はひどかったけど、後半は指に掛かったボールを投げられた。修正に時間がかかったけど60、70点です」と話した。

この日は8球団のスカウトが視察に訪れた。

横浜DeNA・河原アマスカウトグループリーダー:「体形がいいし、バランスもいい。肘が柔らかく、コンパクトにシャープに投げられる。素材として面白い」

広島・高山スカウト:「悪いなりに修正しようという意識が見える。質はいい。将来性を感じる」

昨年夏の甲子園でも、奪三振は多いものの、ヒットでランナーも結構背負う所があったが、この日の投球は置いておいても、投球スタイルとしては同じような課題が残っていると感じる。

しかし、昨夏に144キロを記録し、今年は体重を3kg増やして146キロを記録している。三振を奪える真っすぐは重そうな球質で、変化球のキレを磨いて行ければ楽しみな感じがする。素材を評価してのドラフト会議での指名がありそうな感じがする。

常田投手は「プロを目指している」と話す。次戦では晴天になってほしい。

長野県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C
長野県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

集まった8球団のスカウトも、素材の良さを再確認した様子。広島・高山スカウトは「悪いなりに修正しようという意識が見える。質はいい。将来性を感じる」と指摘。DeNAの河原アマスカウトグループリーダーも「体形がいいし、バランスもいい。肘が柔らかく、コンパクトにシャープに投げられる。素材として面白い」と182センチ、78キロの右腕を評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント