早稲田実2年・清宮福太郎選手が場外弾、5球団スカウトが絶賛

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

今大会の初戦となったこの日、早稲田実は4番に満を持して清宮福太郎選手を据えた。レフトでの出場だった。

4回

2点を追う4回、先頭打者で打席に入った清宮福太郎選手は、右打席でゆっくりと構えると、左腕の八王子・溝口投手のインコース攻めを読み、投じられたカーブを振りぬいた。

打った瞬間にサク越えが分かる痛烈な打球で、後はポールの内か外か、清宮選手は打席から少し歩きながら打球の行方を見守った。打球は球場の15m後方にある2mの防球ネットを越え、推定120mの特大のホームランとなった。

この日は5球団のスカウトが視察に訪れていた。

北海道日本ハム・坂本スカウト:「天性のバット捌きと打球のパワーがすごい。お兄さん譲りのものがある。中村ノリや落合さんに似ている。もっと磨けばすごい打者になる」

東京ヤクルト・山本スカウト:「飛ばせる力は魅力。ファウルになりそうで切れない。バットが内から出ているイメージですね。リストが柔らかく、強い所は兄と似ている。」

巨人・青木スカウト:「自分の打てるポイントを持っていて、雰囲気はどことなく兄に似ている。」

中日・小山スカウト:「初めて見たけど、楽しみな選手。打つツボを持っている感じ。まだまだ荒削りだが、天性のものがある」

東北楽天・部坂スカウト:「あの高めを、うまく肘をたたんでたたくのはプロでも難しい。普通は上がってファウルに切れる」

清宮選手は1年生だった昨年は、春・夏はベンチ外だった。そして秋の新チームからの活躍が期待されていたものの、秋はチーム内の不祥事で出場を辞退し、そして今年は春、夏の大会が中止された。

ようやく公式戦に出場することができ、そしていきなり4番でホームランを放った清宮選手、来年のドラフト注目候補の一人であることは間違いない。

ただ、潜在能力の高さは誰もが認めるところ。バックネット裏には巨人、ヤクルトなど5球団のスカウトが陣取り、兄が所属する日本ハムの坂本晃一スカウトは「打ったのは浮いた失投。普通なら力んで大ファウルだが、体が開き気味になってもバットが内側から出てヘッドを使って打てる。天性のパンチ力です」と高く評価した。

巨人青木スカウト 自分のポイントがある。風格もお兄さんに似てますね。

▽中日小山スカウト 打つツボを持っている感じ。まだまだ粗削りだが、天性のものがある。

▽ヤクルト山本スカウト 飛ばせる力は魅力。ファウルになりそうで切れない。バットが内から出ているイメージですね。

▽楽天部坂スカウト 高めを、うまく肘をたたんで打った。柔らかさがある。普通は(グリップエンドが)上がって、ファウルに切れる。

「いったかなと思ったけど…、あとはフェア(になる)かなと」と清宮。2点を追う4回先頭でカーブを振り抜いて快音を響かせた。八王子学園八王子の左腕・溝口の配球と内角攻めを読み切った一撃。2年生ながら4番を任される男の一撃は反撃ムードを生んだ。

早実・清宮の一発は左腕から右打者の肩口に入るカーブを仕留めたもの。ファウルになるところを長打にした姿に兄が所属する日本ハムの坂本晃一スカウトは「天性のバットさばきと打球のパワーが凄い。お兄さん譲りのものがある」と評し「もっと自分を磨けば、凄い打者になる」と今後の成長にも期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント