来年のドラフトの目玉、岐阜第一の阪口楽選手に阪神、DeNA、オリックスが視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

187cm90kgの体があり、打ってはキレイなスイングで飛距離を出し高校通算14本塁打、投げても142キロを超す球を投げる岐阜第一の阪口楽選手に、この日の試合には阪神、横浜DeNA,オリックスのスカウトが視察ををした。

スポンサーリンク

タイミングを狂わされる

この日も4番投手で出場した阪口楽選手だったが、投球は9回1アウトまでを投げ2失点と、大垣商を相手に好投を見せた。しかし、9回1アウト2塁の場面で降板をすると、後続が三塁打を浴びて同点に追いつかれ、その後、再び登板をしたが、相手に与えた流れを止められず、この回2失点をした。9回8安打3失点という内容だった。

また打撃でも、大垣商の軟投派左腕にやられた。130キロ未満のストレートと100キロを切るカーブにタイミングが合わず、4回に二塁内野安打を打ったものの、この打球もタイミングが外されていた。結局4打数でヒットはこの1安打のみに抑えられ、試合は1-4で敗れた。

それでもこの日は阪神、横浜DeNA、オリックスの3球団のスカウトが、大学野球真っ盛りのこのタイミングで視察に訪れたが、

阪神・熊野輝光スカウト:「打球を飛ばせる上に、柔らかさがある。一冬超えて、もう一回り体が大きくなれば、もっとすごくなる」

横浜DeNA・中川大志スカウト:「体が大きいのに柔らかい。投球にも変なクセがない」

と高く評価をした。打者としての評価が高そうで、来年はスラッガーとしてドラフトの目玉となりそうだ。

戦いはまだ続く。今日は中京高と、ブロック3位をかけた決定戦に臨む。これに勝てば、来年センバツ出場をかけた戦いはまだ続く。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ネット裏では阪神、DeNA、オリックスのスカウトが視察。阪神・熊野輝光スカウトは「打球を飛ばせる上に、柔らかさがある。一冬超えて、もう一回り体が大きくなれば、もっとすごくなる」と評価し、DeNA中川大志スカウトも「体が大きいのに柔らかい。投球にも変なクセがない」と認める。投手としても自己最速142キロと伸びしろ十分だが、打者としての素質にスカウト陣の目はクギ付けだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント