法政大・高田孝一投手が151キロ速球で7回10K、日本ハム・DeNAが評価

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

法政大の155キロ右腕・高田孝一投手が、東大との試合で7回10奪三振、1失点に抑える好投を見せた。

スポンサーリンク

楽しみなパワー投手

高田孝一投手はこの日、初回からストレートを全開に投げ、カウント球も決め球のストレートを選択した。最速は152キロを記録し、7回6安打10奪三振1失点、ヒットは許したものの、138キロ前後の変化球とのコンビネーションで、圧倒するような内容だった。

高田投手は、「チームの流れを作れて、勝ちに導けたので良かった」と話し、内容についても「今日はストレートが良かった。あとは変化球の決め球を制球できれば」と話した。

視察した北海道日本ハムの大渕スカウト部長は「真っすぐが魅力」と話すと、横浜DeNAの八馬スカウトも「体も大きくなった。スタミナもある。楽しみなパワー投手」と評価した。

明治大の入江投手などと比べると、変化球がもう一つという所だが、リリースが前で切れて、低めに突き刺すストレートの力は十分。ただし、今年のドラフト候補で、同じような右のパワーピッチャーは上武大の佐藤蓮投手や筑波大の奈良木陸投手などもおり、実績で他の選手よりもリードするためには、この秋に東京六大学で大きく実績を作りたい。

2020年大学生プロ志望届提出選手一覧
大学生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴を簡単に紹介します。10月12日に9名が掲載され合計158名になりました。
2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は最速151キロをマークした直球で圧倒した。今月3日、駒大とのオープン戦では自己最速の155キロを計測。視察した日本ハム・大渕隆スカウト部長は「真っすぐが魅力」と評価していた。

投打かみ合い連勝 デイリースポーツ紙面 2020/9/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント