岡山学芸館の145キロ右腕・仲村竜投手に中日、DeNAが視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

秋季岡山大会の準決勝、創志学園vs岡山学芸館の試合では、145キロ右腕・仲村竜投手の視察に、横浜DeNA、中日のスカウトが視察に訪れた。

スポンサーリンク

ひと冬越えれば楽しみ

仲村竜投手は184cm78kgの右腕投手で、最速は145キロを記録している。今夏の代替え大会でも登板を重ね、今年のドラフト候補で147キロ左腕の福島章太投手と投げ合って勝利するなど好投が光っていた。

この日の準決勝は、夏に敗れた創志学園が相手だったが、先発した仲村投手は6回2/3を投げて3失点、夏と同じスコアの2-5で敗れ、リベンジはならなかった。

それでも視察をした中日、横浜DeNAのスカウトの内、横浜DeNAの吉見スカウトは「サイズがあるし、真っすぐにキレがある。変化球をストライクゾーンに投げられる器用さもある。142キロだったけどもっと出そう。ひと冬越えれば楽しみ」と評価した。

敗れた岡山学芸館は中国大会出場をかけて、3位決定戦で倉敷工と対戦する。今度は相手からチャレンジをされる方だが、中国大会、そしてセンバツ出場は仲村投手の腕にかかっている。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日は中日とDeNAのスカウトが最速145キロ右腕を視察した。DeNAの吉見スカウトは「サイズ(184センチ、78キロ)があるし、真っすぐにキレがある。変化球をストライクゾーンに投げられる器用さもある。(この日の最速は)142キロだったけど、もっと出そう。ひと冬越えれば楽しみ」と、期待を寄せていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント