創志学園・坪井洸之介選手が逆転三塁打、父はDeNA・坪井智哉コーチ

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

秋季高校野球岡山大会の準決勝では、創志学園が坪井洸之介選手の2点タイムリー3ベースヒットで逆転し、中国大会出場を決めた。

スポンサーリンク

息子は遊撃手

坪井洸之介選手はこの秋、3番ショートとして出場をしている。この日は準々決勝の倉敷商戦で左肩を亜脱臼した事もあり2番で出場をしたが、1-2で迎えた7回2アウト1,2塁の場面で打席が回ると、逆転のライトフェンス直撃の2点タイムリー3ベースヒットを放った。

坪井選手の父は阪神、日本ハムなどでプレーし、元DeNA打撃コーチの坪井智哉氏。父は外野手だったが遊撃手としてセンスの良さを見せる。この日はテーピングを巻き、痛み止めを飲んでの出場だったが、父より「お前がやると決めたのなら、やれ」と激励を受け、「ここ2試合逆転勝ちだった。逆転できると信じて打席に入った」と、チームを中国大会出場に導いた。

この日は2安打2打点、7度の守備機会も軽快にこなした。長沢監督は、まだ故障の影響もある中で「打てると思っていなかった。守備も含めて完璧やったね」と手放しで喜んだ。

身体能力の高い遊撃手、来年に向けて注目したい。

2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

数日前に父から「お前がやると決めたらやれ」とゲキを飛ばされ、2安打2打点で7度の守備機会をこなした。「去年は中国大会(準決勝)で負けたので、先輩の悔しさを晴らしたい。中国(地区)NO1の遊撃手になりたい」と、意気込みを示した。

この日は「2番遊撃」で出場。普段は3番だが、打撃面での負担を減らす形で長沢宏行監督は打順を変えた。「打てると思っていなかった。守備も含めて完璧やったね」と想定以上の活躍に目を細める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント