常総学院がセンバツ出場当確、145キロ・秋本璃空投手、144キロ・大川慈英投手がセンバツ出場濃厚

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

常総学院が秋本璃空投手、大川慈英投手の継投でスーパーシードの木更津総合を破り、関東大会ベスト4進出を決めた。センバツ出場が濃厚となった。

スポンサーリンク

菊地、一條に続く150キロ期待

常総学院は今年、152キロの菊地竜雅投手、148キロの一條力真投手という二人のドラフト上位候補を擁していたものの、春・夏の大会が中止となって思うように投げる機会も得られず、二人もプロ志望をせずに大学進学の道を選んだ。

そしてこの秋、後輩がセンバツを濃厚にした。木更津総合と対戦したこの日、前橋商戦で140キロ台のストレートで勝利をしたエース秋本璃空投手が中2日で先発すると、145キロを記録した真っすぐやスライダーで安定した投球を見せた。

また点差が開くと、9回には秋本投手と共に注目されている大川慈英投手が登板する。大川投手は球は暴れたものの、こちらも144キロを記録した。

常総学院ではポスト菊地の秋本投手、ポスト一條の大川投手に、1年生にも180cm88kgから145キロの速球を投げるという坂本駿投手もいる。元プロでコーチとしても投手を育てた島田直也監督が指導し、3年生で思うように投げられなかった先輩の思いを受け、甲子園での投球が注目される。

常総学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント