天理高・達孝太投手に阪神など3球団視察、瀨千皓選手も2安打

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

天理高が呉港と練習試合を行い、来年ドラフト注目候補の達孝太投手、瀨千皓選手に阪神など3球団が視察をした。

スポンサーリンク

来年に向けて楽しみな逸材

190cmから145キロの速球を投げる達孝太投手はこの日、先発すると7回2安打無失点と抜群の安定感を見せた。長身から投げ下ろすフォークが有効で7つの三振を奪った。しかし、「納得のいく部分はなかったです。もっと初回からインコースを使って、試合を楽に進めていけたら良かった」と話し、投球内容には不満を漏らした。

それでもこの日視察した阪神の山本スカウトは、「身体的な魅力も感じるし、来年に向けて楽しみな逸材。下半身も一冬を越して鍛えられたらますます球速も出てくると思う」と話し、素質の高さを評価した。

またこの日は、打撃で来年のドラフト候補として注目される瀨千皓選手も4打数2安打1打点を記録、8回1アウト三塁の場面で打席に入ると、ダメ押しとなるタイムリーヒットを売った。「苦しいときに打って流れを変えようと思っていました。1本最後に出て良かった」と話した。

天理高校は秋季近畿大会で準々決勝の大阪桐蔭戦で破れてベスト8止まり、センバツ出場は微妙な状況ではあるが、「出られるとなったときに大阪桐蔭さんに当たるまで負けられないし、次当たったら、やり返すつもりで自分たちはこの冬は頑張ります」と話し、この冬は打倒大阪桐蔭を目標にトレーニングを技術を磨く。達投手、瀬選手も来春にさらに成長した姿を見せてくれそうだ。

天理高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
来秋ドラフト候補天理・達孝太と瀬千皓が投打に活躍 - 高校野球 : 日刊スポーツ
投打の柱の存在は大きかった。来秋ドラフト候補の天理の190センチ右腕・達孝太投手(2年)が呉港(広島)との練習試合に先発し、7回2安打無失点と安定感ある投球で… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント