智弁学園・前川右京選手、「プロを意識して練習しています」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁学園の注目スラッガー・前川右京選手が、「プロを意識して練習しています。」と話し、プロ入りへの思いを話した。

スポンサーリンク

監督からも狙っていけと

智弁学園のグラウンドで汗を流す前川右京選手は、「プロを意識して練習しています。この1年で決まる。自分に鬼になりたい」と話し、個人的な目標としてプロ入りを目指すことを明言した。「監督さんから狙っていけと言ってもらった。簡単にはなれないと分かっていますが、自分の決めた道。チャンスがある以上はやっていきたい」と、小坂監督も前川選手の決断を後押しする。

前川選手は1年生から4番を打ち、夏の甲子園でも2本のタイムリーなど3打点を挙げた。昨年は新型コロナの影響でセンバツ、夏の大会が中止となった。それでも出場できた甲子園交流試合では中京大中京と対戦し、中日ドラフト1位の高橋宏斗投手に3打数1安打。秋の公式戦では3番バッターとして打率.400を記録、高校通算30本塁打まで伸ばしている。

小坂監督は「巨人岡本のようになってほしい。可能性は十分ある」と話す。監督からのはっぱを受け、前川選手は「50本。どんな時も5割を打つ打者になりたい。」と目標を設定した。今年夏までに20本塁打を打ち、左のスラッガーとしてドラフト上位候補として注目される状態で秋を迎えたい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

新年の練習が始まり、ちょうど1週間。高校野球最後の1年は「プロを意識して練習しています。この1年で決まる。自分に鬼になりたい」と不退転の覚悟で臨む。地元の三重県に帰省した年末年始も無休でトレーニング。早い時は午前6時に起床し、バットを片手に自宅近くのグラウンドへ直行。朝晩、最低1時間は素振りの時間を設けるなど、片時も野球から離れなかった。「(小坂)監督さんから『(プロを)狙っていけ』と言ってもらった。簡単にはなれないと分かっていますが、自分の決めた道。チャンスがある以上はやっていきたい」。目標の実現へ1日も無駄にせずに過ごしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント