立教大・柴田颯選手「プロの方に見てもらうためにもこの1年が重要に」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

立教大の新3年生・柴田颯選手が、来年のプロ入りに向けて20歳となった今年にかける思いを語った。

スポンサーリンク

今年が重要

柴田颯選手は中学時代にU15代表として、チャレンジマッチでMVPを獲得し注目されると、札幌第一でも高い打撃スキルを見せ、1年生から4番を任されると、2年時にセンバツ出場をしている。

プロも注目したが立教大に進むと、1年春から12試合48打席に立つなど期待され、1年秋は13打数と少なかったものの1本塁打、4打点で打率.365を記録、昨年は5試合で行われた春のリーグ戦で15打数5安打、打率.333を記録した。

秋は27打数7安打、打率.259に終わった。悔しいシーズンとなり、「打撃で使ってもらっている。主軸としてチャンスでもっと打って、優勝争いに絡めるようにならないと」と反省をした。1年秋に明治大の150キロ右腕で横浜DeNAにドラフト3位で指名された伊勢大夢投手からホームランを放ち、自信をつけた。しかし「1年時はがむしゃらにやれていたが、2年になって考えすぎた部分もある。その経験も踏まえ、3年目は1年のときの思い切りも加えて打席に立てたら」と話す。

そして20歳となった今年は、「プロの方に見てもらうためにも、この1年が大事になる。首位打者、打点、ベストナイン、どれでもいい。とにかくタイトルを取りたい」と意気込みを示した。今年に活躍をみせれば、来年はスタートからドラフト候補として注目される存在となる。

巧打だが長打力もある選手で、足も魅力。今年、神宮球場で暴れまわりたい。

2022年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

目標のプロ入りへ、大学3年目のアピールが大事になる。「プロの方に見てもらうためにも、この1年が大事になる。首位打者、打点、ベストナイン、どれでもいい。とにかくタイトルを取りたい」と、貪欲に結果にこだわっていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント