2021センバツ出場、東海大菅生の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は東海大菅生高校。

東海大菅生の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:本田峻也投手

最速143キロを記録する左腕投手。速球派というよりはインステップから厳しいコースにストレート・変化球を投げ分けるタイプで、将来的にさらにフォームに特徴が現れてくる感じがする。

注目度B:小池祐吏内野手・2年

180cmの内野手。1年秋は主軸として打点を稼いだ。父・小池正晃氏譲りのフルスイングを見せる。サードを守り秋はエラーもあったが、守備を更に磨きプロ入りを目指したい。

注目度B:鈴木泰成投手・2年

185cmの長身投手で、中学時代から期待され、1年生で139キロを記録している本格派。大きく成長して欲しい投手。

注目度B:福原聖矢捕手・2年

侍ジャパンU15代表を経験。高校では捕手として1年からマスクを被る。足が使える選手で、秋は8試合で12盗塁を決めた。

注目度B:千田光一郎外野手

遠投110mの肩と50m6.1秒の足のある外野手。1番バッターとして.484の打率に、1本塁打を放つなど長打力も見せる。

注目度C:栄塁唯外野手

昨秋は右肘手術の影響で出場は無いものの、俊足と肩の強さでセンターとして広い範囲を守る。攻撃でも3番で巧打を見せるなど主将としてチームを引っ張る。

注目度C:橋本唯塔遊撃手

50m5.9秒の俊足で昨秋は8試合で7盗塁を決めた。遠投100mの強肩の遊撃手でフットワークなどを確認したい。

注目度C:堀町沖永内野手

昨秋は4番を打ち、打率.545、13打点の活躍を見せた。一塁で出場しているが、外野も守り、範囲を広げている。

注目度C:小山凌暉内野手・2年

1年生で秋に出場すると、打率.519を記録し非凡さを見せた。外野手で出場したがセカンドでプレーできる選手で、二塁手としての守備も注目したい。

注目度C:岩田一真内野手

50m6.0秒の俊足で、昨秋は出場は少なかったものの6試合で7盗塁を決めるなど、その足を見せた。

チーム

投手陣はエース・本田投手が軸となるが、次期エース候補の2年生・鈴木投手の他に、左右にバランスよく控え投手がいる。肩の強い千田選手も登板し力強い球を投げる。

打線は1番千田、2番・福原が出塁し、3番の栄がつないで4番・堀町、5番・小池が返す。8試合でチーム全体で52盗塁と果敢に足を使ってくる。長打は少ないものの千田選手と深町選手はしっかりと捉えて柵越えができる。

投手は2点くらいに抑え、打線が8点くらいを奪う力がある。足を使ったスピード感あふれる試合を楽しみにしたい。

東海大菅生高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント