早大・西垣雅矢投手が5回1安打無失点、巨人・千葉ロッテなど4球団6人スカウト視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

早稲田大は昨年の都市対抗覇者・Hondaとオープン戦を行い、ドラフト候補の147キロ右腕・西垣雅矢投手が5回1安打無失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

145キロで2奪三振

西垣雅矢投手が先発をすると、オフに体を開かないように手首を立てて投げるようになったフォームからの145キロの速球が切れ味抜群で、ストレートで2つの三振を奪う。またともに球威が増したという2種類のフォーク、そして大きく曲がる得意のスライダーを組み合わせ、昨年都市対抗覇者の強打線を5回1安打無失点に抑えた。

「昨年はシュート回転して右打者の外角に投げられなかった。ホンダさんを0点に抑えられたのは、自信になりました」と話し、手応え十分の投球となった。前日にエースの徳山壮磨投手が好投を見せたが、「徳山に負けないくらいのピッチングができたら」と気持ちを高めてこの日の投球に望んでいたという。

西垣投手は報徳学園出身の184cmの右腕投手。高校時代も140キロ前後だが伸びのあるストレートを投げ、プロも注目をしていた。最速145キロで回転の良い球を投げられれば、徳山投手とは違ったタイプの右腕として注目されそうだ。

この日は4球団6人のスカウトが視察した。巨人・水野雄仁スカウト部参与は「制球が良くなっている。球速ももっと上がってくると思う」と話すと、千葉ロッテ・中川隆治スカウトも「真っすぐの質が良い。ストライクゾーンを広く使えていた」と評価した。

小宮山監督も「プロで投げたい、という思いをもって、この冬は目の色を変えてやっている。日ごろの成果でしょう。ボールをコントロールできていた。言うことない」と話し、「早川が昨年、ああいう形でプロに行ったことが刺激になっている」と、早川投手が4球団に1位指名されてプロ入りした姿を見た後輩の成長を喜んだ。

東京六大学リーグで、徳山、西垣の2枚看板がともに好投を見せれば、ともにドラフト上位で指名される可能性が高くなりそうだ。西垣投手は「チームが勝てる投球をして、プロにアピールしていきたい」と話した。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-東京六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

巨人・水野雄仁スカウト部参与は「制球が良くなっている。球速ももっと上がってくると思う」と評し、ロッテ・中川隆治スカウトは「真っすぐの質が良い。ストライクゾーンを広く使えていた」と高評価を与えた。

小宮山悟監督(55)は「プロで投げたい、という思いをもって、この冬は目の色を変えてやっている。日ごろの成果でしょう。ボールをコントロールできていた。言うことない」と、西垣の成長に太鼓判を押した。この日は4球団6名のスカウトが見守った。西垣は「チームが勝てる投球をして、プロにアピールしていきたい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント