2021センバツ出場、県岐阜商の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は県岐阜商高校。

県岐阜商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:高木翔斗捕手

186cm90kgの大型捕手で、二塁送球は1.85秒を記録する。スイングスピードは149キロを記録し、高校通算16本塁打の長打力もある。打席で更に威圧感を出せるようになれは面白い。

注目度A:松野匠馬投手

181cmの投手兼外野手で、この冬に最速148キロまで延ばしている。2年秋は6試合で2完投1完封、31回2/3を投げて四死球1つと抜群の制球力がある。打撃もよく練習試合では4本塁打を打っている。

注目度A:伊藤颯希外野手・2年

184cm88kgの体があり、スイングスピードは154キロで150m級の飛距離ある打球を飛ばす。足も50m6.0秒、遠投100mの肩もあり、非常に高いレベルで三拍子揃う選手。来年は岐阜第一の阪口楽選手のような注目選手の一人になるかもしれない。

注目度B:野崎慎裕投手

172cmの左腕投手で最速は144キロを記録する。角度があり回転の良い球とスライダーの両方で空振りを奪え、昨秋は49回2/3で46奪三振。

注目度B:中西流空外野手

183cmの外野手でセンターを守る。2年秋は42打数17安打で打率.405を記録し安定した打撃が持ち味。逆方向にも長打を打てるため、昨秋の1番から今年は3番を打つ予定。長打が増えるかもしれず期待したい。

注目度B:小西彩翔投手・2年

180cmの本格派右腕で最速141キロを記録し、冬に成長をしている。縦のスライダーが鋭く曲がり、タイミングを外すピッチングもできる。昨秋は公式戦登板0だが、次世代のエースとして期待される。

注目度C:廣部嵩典外野手

165cmと小柄だが長打力もある選手。昨秋は打撃が不振だったが8試合で11個の四球を選ぶなど選球眼もよく、7番から今年は2番を打ち出塁を狙う。

注目度C:古賀太智内野手

186cm85kgの大型内野手でスイングスピードが154キロ、昨秋は練習試合で4本塁打と長打力がある。父は元ロッテの古賀道人氏

注目度C:石原英弥内野手

50m6.0秒の足を活かし、昨秋は練習試合も含めて6盗塁を決めた。父は元広島の石原慶幸氏

注目度C:山本晃楓二塁手

二塁手だが遠投108mの強肩で、ヒットも打てて足を使える選手。確実性の高い打撃で5番を任せられる。

注目度C:後藤耀介外野手・2年

50m5.9秒とチーム一の俊足。昨秋は練習試合も含めて5盗塁を決めている。

注目度C:内藤大輔内野手・2年

守備力の高い内野手で、50m6.1秒の足もある。打撃を磨きたい。

チーム

投手は野崎、松野の2枚看板が高校でもトップクラスの能力を持っている。控えの大島投手も143キロ、2年生で急成長している小西投手も141キロを記録し、今年も140キロ台の投手を揃えてきた。

攻撃は4番・高木選手を軸に1番から9番まで全員スイングスピードが145キロ以上を記録、3番の中西選手、5番の山本選手は確実性の高い打撃で逆方向にも伸びる打球を打ち、4番を固める。下位には抜群の長打力を持つ古賀選手、2年生で期待の伊藤選手が入ってくれば非常に面白い。

守備も遊撃手の湊選手は秋は無失策と安定。捕手の高木選手は1.85秒の送球で相手は走ってこない。センターの中西選手も守備が安定している。

打線は6,7点を奪い、投手が3点程度に抑える。秋はやや長打力が少なかったが、長打を持つ選手が入ってきたら、得点力は更に上がるかもしれない。

県岐阜商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント