2021センバツ出場、明豊の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は明豊高校。

明豊の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:京本真投手

188cmから146キロの速球を投げる長身投手。カーブ、チェンジアップ、スライダーなどを制球良く投げるスタイルで、まだ線が細いがフォームのバランスも良い。パワーが付いてくれば楽しみ。

注目度B:太田虎次朗投手

左から141キロの速球を投げる。兄は巨人の太田龍投手だがタイプは全く違い、左からの角度ある球と変化球を織り交ぜる。昨秋は32回1/3を投げて48奪三振と三振を奪える投手。

注目度B:財原光優投手

サイドハンドから140キロを記録する。変化球を使いタイミングを外すピッチングが持ち味。

注目度C:幸修也遊撃手

ショートのレギュラーとしてフットワークの良い動きを見せる。8試合で15四死球を奪うなど選球眼がよく出塁のできる選手。

注目度C:山本晃也外野手

昨秋は5番を打ち打率.429を記録、50m6.2秒の足で4盗塁も記録している。遠投100mの肩もチェックしたい。

注目度C:古波蔵大斗捕手

遠投120mを誇る強肩の捕手。打撃を磨いてレギュラーを奪いたい。

注目度C:東孝太郎一塁手

181cm82kgの体から長打を放つパワーある選手。昨秋は4番を打ち1本塁打、打率.385

注目度C:塘原俊平外野手

昨秋は故障で出場が少なかったが、184cm80kgの体があり、長打が期待できる選手。

注目度C:竹下聖人内野手・2年

171cm80kgの選手で長打力があり、4番として起用された事もある。

注目度C:嶽下桃之介外野手・2年

50m6.0秒の俊足選手で、昨秋は7四死球で出塁して3盗塁を記録している。

チーム

投手は太田投手が先発し、リリーフで146キロ右腕の京本投手が抑えるというパターン。財原投手もサイドハンドからの力のある球を投げ、先発の2番手として期待される。

攻撃は4番の東選手に長打力があり、5番の山本選手は打率の高い選手。2番の幸選手が四死球で出塁できるので、1番の阿南選手と3番の黒木選手がポイントとなるか。下位打線が活発だと得点が量産される。守備では遊撃手の幸選手、二塁手の筒井選手が俊敏な動きを見せる。野手のエラーは少なく安定している。

投手が3点までに抑え、打線が2桁近くの打線を奪う。大勝することも多いが接戦も物にできる。

明豊高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント