2021センバツ出場、宮崎商の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は宮崎商業高校。

宮崎商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:中村碧人遊撃手

遊撃手で高校通算26本塁打を放ち、広角に長打を打てる選手。プロも注目しており、ショートでの守りの動きを注目したい。

注目度B:西原太一外野手

高校通算14本塁打のスラッガーで、遠投115mで最速140キロを記録する肩、50m6.2秒で走る181cmの選手でポテンシャルが高そう。

注目度B:日高大空投手

178cmのエース右腕、最速は130キロ後半を記録し、昨秋よりも成長をしているとのこと。秋は58回を投げて43奪三振、防御率2.02を記録。

注目度B:長友稜太投手・2年

184cmの長身右腕で、最速は142キロを記録する。スリークォーターからの抜く球も効果的で、次世代のエースとして注目。昨秋は14回2/3を投げて6奪三振無失点。

注目度C:水谷圭佑一塁手

巧みな打撃に選球眼もよく、四球で出塁ができる打撃センスの良い選手。

注目度C:中野瑛二朗二塁手

二塁手として動きが良く、打撃でも昨秋は7四死球を選ぶなど粘り強い。打率.407を記録し、3盗塁と足も魅力。

注目度C:建山翔外野手

逆方向にも放り込める長打力があり、4番を任せられる。2盗塁を決めるなど足もある。

注目度C:西村太陽外野手

控え外野手だが勝負強く、一発のある選手で代打で起用される。

チーム

投手はエース日高投手が130キロ後半の球を投げる力がある。2年生の長友投手も力があり、次世代エース。外野手の西原選手も140キロを記録し、下浦投手は変化球を中心に打たせて取る。

攻撃は中村、西原の3番と5番はプロ注目の強打者。長打力が抜群で4番・建山も本来の長打力を見せれば、大会屈指の中軸となる。1,2番の出塁がカギとなる。守備でもショートの中村選手とセカンドの中野選手は固く、外野手も建山、若松、西原選手は肩も足もある。

投手が3点までに抑え、打線が5点以上を奪う。打線の繋がりがカギだが、打線が抑えられた時に投手が1点でも少なく抑えられるか。

宮崎商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント