柴田・谷木亮太投手が153球の投球、10回に135キロ記録

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

柴田の谷木亮太投手が延長10回に135キロを記録するなど、意地の投球を見せた。

スポンサーリンク

10回6安打

谷木亮太投手は昨秋にエースとして、球数制限に達するくらい一人で投げてチームを東北大会準優勝に導いた。

この日も京都国際打線を6回まで無失点に封じ、7回に3点、延長となった10回に2失点をしたものの、10回6安打5奪三振と好投、10回に135キロを記録するなどスタミナがある所を見せた。

変化球が低めに決まらずに序盤に死球が多かったが、中盤の安定感は素晴らしかった。初の甲子園はこれで終わったが、仙台育英などの強豪を倒して夏の甲子園初出場となるか、注目したい。

2021年度-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
センバツ第5日の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会5日目の対戦カードと注目選手です。
柴田・谷木 延長10回153球5失点力投も力尽く 初出場で平塚監督は粘り称える - スポニチ Sponichi Annex 野球
 春夏通じて甲子園初出場だった柴田(宮城)は京都国際を上回る14安打を放ったが、4―5で競り負けた。平塚誠監督は「あと一歩のところまでやってくれた。これを糧に、守れて点が取れるチームにしたい」と選手たちの粘りを称えた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント