東海大相模2年・求航太郎投手が140キロ4回2安打無失点

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

センバツ2回戦、東海大相模は鳥取城北との試合に公式戦初登板の2年生、求航太郎投手が先発した。

スポンサーリンク

140キロ

求航太郎投手は180cm83kgの右腕投手で、鹿児島の奄美大島出身。体に恵まれ、能力が高く、小学生の卒業と同時に「もっとすごい選手たちと野球がしたい」と、母親と二人で川崎に引っ越し、福岡ソフトバンクの田中正義投手などもプレーした川崎中央シニアに入った。

叔父に阪神、オリックスで活躍した平野恵一氏がおり、神奈川ではその平野選手を育てた祖父の晃二氏にマンツーマンの指導をうけた。そして地元の強豪・東海大相模に進み、今年春までに急成長をした投手として、秋は公式戦未登板もセンバツでベンチ入りを果たした。

そしてこの日、センバツ2回戦が公式戦初登板となった。大きなプレッシャーもあったと思うが、本格派と思わせる体とフォームから、最速140キロを記録した伸びのあるストレートを見せ、4回を2安打2奪三振で無失点に抑えた。リリーフしたエース・石田隼都投手が5回を無失点に抑える投球で完封リレー、チームをベスト8に導いた。

このまま大きく成長してほしいと思わせる投手。この甲子園での投球は大きな自信になったはず。奄美大島の星として来年、注目される投手になってほしい。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大相模、公式戦初登板初先発の背番10・求が8強導いた エース石田につないだ4回零封 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦3試合が行われた。東海大相模(神奈川)は鳥取城北を1―0で下して3年ぶりの8強入りを決めた。公式戦初登板となった求(もとめ)航太郎投手(2年)が先発し4回無失点の好投。救援登板したエース左腕・石田隼都投手(3年)が5回無失点で逃げ切った。福岡大大濠、明豊(大分)もベスト8進出を決めた。
【センバツ】東海大相模・求航太郎が公式戦初登板初先発で4回無失点…阪神・平野コーチのおい、異色の苦労人が聖地で躍動
 優勝候補の東海大相模(神奈川)は、阪神・平野恵一2軍打撃コーチ(41)のおいで、公式戦初登板の2年生右腕・求(もとめ)航太郎が先発で4回無失点と好投。1―0で鳥取城北を下し、4強入りした18年以来3
おじプロコーチ東海大相模・求が好投、母と2人移住 - 高校野球 : 日刊スポーツ
求(もとめ)親子のストーリーに新たな1ページが刻まれた。東海大相模(神奈川)は公式戦初登板の求航太郎投手(2年)が先発。阪神平野恵一2軍打撃コーチ(41)をお… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント