高知高・森木大智投手が152キロ圧巻投球、3球団スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球高知大会は決勝が行われ、高知高校が高知中央に勝利し優勝した。プロ注目の森木大智投手が3番手で登板し、152キロを記録したストレートで圧巻の投球だった。

スポンサーリンク

152キロ

高知高校の森木大智投手はこの日、7回に3番手で登板すると、7回はすべてストレートで押す投球で無失点、8回もストレートは走り、1番バッターを打ち取った球が152キロを記録した。

3イニングを危なげなく無失点の圧巻の投球だった。「強さはあったが、自分の中では質のいいボールではなかった。質のいいボールでスピードも出したい」と話し、まだまだ上を目指すコメントをしている。

「杉村と高橋がすごくいい流れを作ってくれて、自分もその流れに乗っていけた」と話した。この日、先発した147キロ右腕の杉村優妃投手が3回1/3を投げて2安打無失点、その後リリーフした左腕の高橋克弥投手も無失点に抑え、森木投手と3人で完封リレーで勝利を決めた。

次はセンバツに出場した明徳義塾とチャレンジマッチを行う。森木投手はリリーフで待機する予定で、浜口監督は「代木君が投げればそんなに点は入らない。早め早めの継投になる」と、明徳エースの代木大和投手との投げ合いを想定していた。

この日は3球団が視察し、阪神の山本スカウトは「あとは長い回を投げてどうか。そこ次第でセンバツに出ている投手の中にも入ってくる」と評価した。

「夏までには155キロを出したい。一つずつ上がっていけるのはいいこと」と話した森木投手、これから四国大会に入ってくると、視察するスカウトの数も一気に増えて行きそうだ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
高知高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

超高校級の森木に加えて、今大会エースナンバーを背負った杉村優妃投手(3年)と、左腕の高橋克弥投手(3年)の3投手が完封リレーを完成。全4試合を無失点に抑える、抜群の投手力で春の高知県を制した。

 先発した杉村が初回から飛ばして3回1/3を2安打無失点。この冬で直球のスピードが大幅にアップし、練習では最速147キロを出すこともあったという。

高知・森木が驚異の152キロ!自己最速計測で県制覇 プロスカウト3球団視察/デイリースポーツ online
 「春季高校野球高知大会・決勝、高知6-0高知中央」(31日、高知市営球場) 高知の森木大智投手(3年)が自己最速を更新する152キロを記録。今秋のドラフト上位候補として存在感を発揮し、高知の4年ぶり22回目の春の優勝に貢献した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント