甲府工の143キロ右腕・末木克典投手にヤクルト・日本ハム・阪神などが視察「関東の右投手ではトップクラス」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

甲府工業の143キロ右腕・末木克典投手が7回4安打6奪三振でコールドで完投勝利を上げた。この試合には複数の球団のスカウトが視察に訪れている。

スポンサーリンク

143キロ

末木克典投手はこの日の甲府城西戦で先発すると、自己最速タイの143キロのストレートに、鋭いフォークボールを低めに集め、7回を投げて4安打6奪三振無失点、7-0でコールドとなり完封勝利を挙げた。

序盤は丁寧な投球を心がけていたものの、「ここまでの2試合は点差が離れたところで失点し、弱さが出たので、点を取られないことを意識した」と終盤にエンジンをかけ、6回1アウト3塁のピンチでは140キロ台を連発し三振を奪った。

この日は東京ヤクルト、北海道日本ハム、阪神などのスカウトが訪れたが、北海道日本ハムの坂本スカウトは「関東の右投手ではトップクラス」と高く評価し、阪神の吉野スカウトも「身体能力が高い」と評価した。

関東では左の羽田慎之介投手(八王子)、石田隼都投手(東海大相模)、金井慎之介投手(横浜)中本統一投手(桐蔭学園)、荒井駿也投手(慶応高)など大型投手の名前が上がるが、右腕では常総学院の大川慈英投手、秋本璃空投手がセンバツで力を見せたものの、島田舜也投手(木更津総合)、市川祐投手(関東第一)、三奈木亜星投手(浦和学院)といった昨年から期待されていた投手はまだ力を見せてない感じ。細谷玲央投手(中央学院)が150キロを記録したが、右腕として末木投手も関東屈指の右腕としてその力を見せ、今後注目度が高まりそうだ。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

フォーク、スライダーなどの変化球の精度もよく、日本ハムの坂本スカウトは「関東の右投手ではトップクラス」と高く評価。阪神の吉野スカウトは「身体能力が高い」と今後の成長に期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント