横浜高の148キロ左腕・金井慎之介投手が先発も3回途中5失点で降板、日本ハムが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

春季高校野球神奈川大会の準決勝で、148キロの速球を投げる左腕として期待される横浜高・金井慎之介投手が先発をしたものの、結果をだせなかった。それでも北海道日本ハムのスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

140キロ

金井慎之介投手は179cmの左腕で最速148キロを投げる投手として注目されている。しかし、制球難により安定しない投球が続き、この大会では登板はせずに野手として素晴らしい打撃を見せていた。

この日の桐光学園戦で先発をして注目をされたものの、やはり制球に苦しみ、3回とゆうまでを投げて1安打3奪三振も5四死球で5失点し降板した。「去年の秋と同じ形で負けてしまった。去年の秋からの成長が全く見られなかった。チームのみんなが、自分が投げてる姿を見たいと言ってくれてたのに、その思いを無駄にしてしまった。自分はいちおうエースと呼ばれているけど、形だけ。内容としてはほど遠い」と話した。

村田監督も「チームとしてできる準備はしてきたのでエースを投げさせたが、公式戦でもう少し投げさせておけばよかった。私の全責任です」と話し、これまで全く登板させておらず、いきなりの先発をさせたことを反省していた。

この日の球速は球場表示はなかったが、視察した北海道日本ハムスカウトのスピードガンで140キロだったという。その日本ハム・坂本スカウトは「楽しみなボールはあります」と話した。

1-8で敗れ春季大会が終わった。金井投手は「もう1度、フォームを一から見直します。気持ちをうまくコントロールしないといけない。日々、厳しい練習をしながら、自分を変えていきたいです」と話す。

これから大切な夏に向けて、どのように仕上げ、調整してくるのかが注目される。夏には148キロ左腕の力を是非見たい。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

この日、球場内に球速表示はされなかったが、日本ハムのガンでは最速140キロだった。日本ハム・坂本スカウトは「楽しみなボールはあります」と話していた。

最速148キロ左腕として、今秋ドラフト候補に挙がる。素材は高く評価されるが、昨秋も先発した東海大相模との準決勝で制球を乱し、敗れた。「フォームを確立するのが大事」と、毎日シャドーピッチング。ブルペンでは制球も安定してきたが、横浜スタジアムのマウンドでは通じなかった。「気持ちの整理がつきませんでした。自分の弱さです。気持ちをコントロールしないと、チームを勝たせられない。力みもあって、腕の振りと球がバラバラになってしまいました」と修正がきかなかった。

横浜が桐光学園に八回コールドで完敗し、関東大会(15日開幕・山梨)の出場権を逃した。東海大相模に敗れた昨秋の神奈川大会に続き、コールドでの準決勝敗退。最速148キロ左腕で今秋ドラフト候補の横浜・金井慎之介投手(3年)が今春の公式戦で初先発したが、2回0/3を5失点でKOされた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント