静岡・高須大雅投手と掛川西・沢山優介投手の静岡注目投手が対戦、中日・巨人・阪神・ヤクルトなど7球団スカウトが両投手を評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

春季静岡大会では、静岡の192cm右腕・高須大雅投手と、掛川西の184cm左腕・沢山優介投手が対戦した。7球団のスカウトが視察し、中日スカウトが高須投手を評価した。

スポンサーリンク

高須投手は乱調

静岡高の高須大雅投手は先発し、5回まで9つの三振を奪うなど1失点に抑えていた。しかし6回、3四球で2アウト満塁とし、2つの暴投で1点差され、悪い流れが野手にも伝わり、内野のエラーで逆転を許した。6回途中まで投げて2安打も7四死球で5失点だった。

「自分の悪いところが全部出た。フォームが崩れて、コントロールが付かなかった」と反省した。それでも最速は144キロを記録し、自己最速を更新した。視察した7球団のスカウトのうち、中日・清水スカウトは「あの体の大きさで、あのコントロールですから。フィールディングもいい。素材はいい。大化けの予感がする」と評価、素材として高く評価した。

他にも巨人・榑松スカウト部次長は「スピードガン以上にキレがある」と話すと、東京ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「いいピッチャーになる要素はある」と評価、さらに阪神・吉野スカウトも「いい感じで投げられている」と素材を評価した。

沢山投手は結果残す

対する掛川西・沢山優介投手は、この日先発し144キロを記録する球で6回2アウトまでノーヒットピッチングを見せていた榊原遼太郎投手が突然乱れ、3ランホームランを浴びた場面で急遽リリーフマウンドに登った。

急な登板にいきなりヒットを許したものの、その後はスカウトのスピードガンで143キロを記録したストレートなどで、3回1/3を投げて2安打4奪三振無失点、チームも逆転し5-4の接戦を制した。

沢山投手について中日・清水スカウトは「全部の球を、腕を振って投げられるのは魅力。あのリリースの力強さはなかなかない。将来が楽しみ」と話す。また巨人・榑松スカウト部次長も「腕の振りがコンパクトで強い」と評価すると、阪神・吉野スカウトも「投げっぷりがよい」と評価した。

沢山投手は社会人で続けたいと社会人野球に進むことを明言しており、将来のドラフト候補として注目される。

春は掛川西が制したが、夏も再び、両雄が対戦することになりそうだ。

2021年度-高校生-静岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

「自分の悪いところが全部出た。フォームが崩れて、コントロールが付かなかった」とうなだれた高須。だが、7球団が集まったスカウト陣の評価は上々。中日・清水スカウトは「あの体の大きさで、あのコントロールですから。フィールディングもいい。素材はいい。大化けの予感がする」と高評価した。

チームを東海大会へ導くことはできなかったが、視察した7球団のスカウトからは将来性を高く買う声が並んだ。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「いいピッチャーになる要素はある」と評価。阪神・吉野スカウトも「(直球も変化球も)いい感じで投げられている」と今後も注目していく方針だ。

注目の進路については「社会人で続けたい」と希望している。中日・清水スカウトは「全部の球を、腕を振って投げられるのは魅力。あのリリースの力強さはなかなかない。将来が楽しみ」と評価した。

ブラジル人とのクオーターで185センチ、84キロと恵まれた体格を生かす。視察した巨人・榑松スカウト部次長は「腕の振りがコンパクトで強い」と評価。阪神・吉野スカウトも「投げっぷりがよい」と能力の高さを認めている。チェンジアップやスライダーのキレも十分で、夏に向けて注目度は高まっている。

掛川西「最速140キロ超コンビ」榊原遼太郎・沢山優介のリレーで決勝進出 - 高校野球 : 日刊スポーツ
藤枝明誠(中部3位)が、浜松工(西部5位)を2-0で下し、初の決勝進出と東海大会(20日開幕、三重県)初出場を決めた。先発・山田蓮投手(2年)が、8回5安打無… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント