市和歌山の小園健太投手が150キロで1回2奪三振、中日スカウト「ドラフト全体で一番」

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

春季和歌山大会準決勝の近大新宮戦で、152キロの速球を投げてドラフト1位候補として注目される市和歌山・小園健太投手が、1回を2奪三振無失点に抑えた。150キロを記録した。

スポンサーリンク

ドラフト全体で一番

試合は5−0と市和歌山がリードし、9回に152キロ右腕・小園健太投手が登板すると、この日の最速は150キロを記録し、打者3人から2奪三振、三者凡退に抑えた。

この日は、「最後にいくぞ、と言われていたので、しっかり準備しながら投げることができたかなと思います。1イニングすべての球を全力で投げるだけだったので、球速は意識してませんでした。1イニングを全力投球はいつもと違ったので、少しパターンが増えたのかなと思います」と話した。

この日は4球団のスカウトが視察をしているが、中日の中田スカウトアドバイザーは「良い投手の条件が全部そろっている。マネのできない角度、力強さ、パワーがあってしなやかさがある。その三つを備えている投手はそうはいない。」と話し、「器、素質では今年のドラフト候補全体でも一番ではないかと思っている」と、今年のドラフト候補の中でNO.1と評価した。

また巨人の岸スカウトも「スピードはもちろん、キレも質も着々と上がってきている。真っすぐへのこだわりを感じる」と話し、この日のストレートを評価した。

体の大きさがあり、まだ大きく、強くなる可能性がある。昨秋からセンバツにかけては変化球を中心にしたピッチングで、特にカットボールは素晴らしいが、この日のようにストレートを中心に力のある球で抑えることもできる。

次は決勝戦で、智弁和歌山と対戦する。登板するかはわからないが、「智弁は意識する相手ですが、自分たちの野球をするだけ」と話した。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中日の中田宗男編成部アマスカウト・アドバイザーは「良い投手の条件が全部そろっている。マネのできない(球の)角度。力強さ。パワーがあってしなやかさがある。その三つを備えている投手はそうはいない。器、素質では今年のドラフト候補全体でも一番ではないかと思っている」と絶賛した。

今大会はすべてリリーフで短いイニングでの登板を続けているが、4月30日の準々決勝後には「もう少し力感を上げていけば150キロも出せると思う」と自信をのぞかせていた右腕。その言葉通り、決勝前に完璧な状態に仕上げてきた。視察した巨人・岸スカウトも「スピードはもちろん、キレも質も着々と上がってきている。真っすぐへのこだわりを感じる」と絶賛した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント