北海・木村大成投手が147キロで9回1安打14奪三振、7球団視察しDeNA・日本ハムが評価

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

北海高校のプロ注目左腕・木村大成投手がセンバツ後、初めての公式戦に登板し、最速147キロの速球を記録して、9回1安打14奪三振の投球を見せた。

スポンサーリンク

紅白戦で148キロ

木村大成投手はセンバツで左腕投手として注目され、開幕戦となった神戸国際大付戦で登板をした。4回までノーヒットも5回以降に11安打を許すなど9回1/3で3失点、それでも8つの三振を奪い、視察したプロのスカウトからも高く評価された。

その後、「体重を増やしながら切れを出す取り組みを続けてきた」と体重を3kg以上増やすと、瞬発系のトレーニングを続け、5月4日に行われた紅白戦で自己最速を3キロ更新する148キロを記録したという。

この日は札幌ブロック2回戦、札幌南戦で先発すると、初回に2つの四球を与えた。最速は147キロを記録した。しかしその後は制球重視の投球に切り替え、9回118球を投げて14三振を奪うと、許したヒットも6回の内野安打1本のみ、外野への打球は2本のみだった。9回1安打14奪三振で完封、圧倒的な投球を見せた。「今日は8割方、コントロール重視で入った。序盤は力が入って高めに浮いてしまったが、徐々に修正できたことは収穫」と話した。

4日の紅白戦にも複数球団のスカウトが来ていたというが、この日も7球団8人のスカウトが視察した。

○北海道日本ハム・白井スカウト:「立ち上がりは抜けるボールもあったが。しっかり立て直していた。ストレートも含め、甲子園のときより上がっている。このスライダーは高校生では対応するのが難しいと思う。夏までに、どこまで伸びるか楽しみ」

○横浜DeNA・欠端スカウト:「直球にキレがある。けん制、フィールディングもうまい。上のステージに行っても苦しまないのでは」

センバツでも高評価だった左腕が更に成長をしており、夏、そしてドラフト会議が非常に楽しみな投手となった。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

☆日本ハム・白井スカウト「このスライダーは高校生では対応するのが難しいと思う」

 ☆DeNA・欠端スカウト「直球にキレがある。けん制、フィールディングもうまい。上のステージに行っても苦しまないのでは」

夏に向けさらなる進化を目指し、北海道に戻ってからは「体重を増やしながら切れを出す取り組みを続けてきた」。食事と筋力トレーニングで体重を3キロ以上増やし79・5キロに。ダッシュや、90センチ程度の台にジャンプして飛び乗るトレーニングなど、瞬発系の練習にも精力的に取り組んできた。4日の紅白戦では、複数球団のプロスカウトの前で、自己最速を3キロ上回る148キロをマークするなど、成長を続けている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント