専大松戸・深沢鳳介投手が12奪三振完封、7球団視察し日本ハム「バランスがいい投手」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

春季高校野球関東大会では、専大松戸のエース・深沢鳳介投手が先発し、駿台甲府を6回12奪三振で完封した。視察した7球団のスカウトのうち、北海道日本ハム、千葉ロッテのスカウトが評価をしている。

スポンサーリンク

今後も楽しみ

センバツで中京大中京の畔柳亨丞投手と投げ合い、8回2失点の投手戦を演じた専大松戸の143キロスリークォーター・深沢鳳介投手、この日はそれ以来の先発のマウンドに立った。

この日の最速は141キロだが、スライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップなどの多彩な変化球を織り交ぜ、球速の変化もつけた。正確なコントロールも抜群で、6回まで連打を許さず4安打9奪三振と好投する。

7回に先頭バッターにヒットを許すと、続く打者に2ベースヒットでノーアウト2,3塁のピンチを背負う。しかし、センターフライで1アウトにすると、2者連続の三振を奪って得点を与えなかった。

9回を投げて6安打12奪三振で完封、「最後まで投げ切れたことは収穫だが、後半は球威やコントロールが乱れた部分があったので、改善していきたい」と話したものの、「平均球速は前より上がってきている」と成長に手応えを感じている。

7球団スカウト視察

この日は7球団のスカウトが訪れたが、北海道日本ハムの坂本スカウトは「体の使い方がうまくて、走れるし、守れるし、指の使い方もうまいと思う。選手としてすごくバランスがいい投手なので、今後も楽しみ」と話した。また千葉ロッテの小林スカウトも「テンポが良い。打者との駆け引きもうまい」と評価した。

それほど大きくない投手で球速も130キロ台だが、体にバネがあり、頭で自分の体をしっかりと理解している所がある。

進路について「プロに行きたい気持ちはある。春、夏の結果次第だと思う」と話し、この春、夏の活躍次第でプロ志望届の提出の可能性も見せる。将来成長した姿を見せてくれる可能性の高い投手と思われ、プロ側がどう判断するのか注目したい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関東のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ネット裏では7球団のスカウトが視察。日本ハム・坂本スカウトは「体の使い方がうまくて、走れるし、守れるし、指の使い方もうまいと思う。選手としてすごくバランスがいい投手なので、今後も楽しみ」と、アスリートとしての潜在能力の高さに注目。伸びしろの大きさに期待を寄せた。

登板が救援1試合のみだった県大会中は、平均球速を上げるために走り込みやウエートトレーニングで調整。「前よりも、上がってきている」と手応えを口にした。

注目の進路については「プロに行きたい気持ちはある。春、夏の結果次第だと思う」とまずはアピールするつもりだ。

専大松戸8強入り!深沢 12奪三振で完封勝利、ツーシームに手応え - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第73回春季高校野球関東大会は16日、山梨県の山日YBS球場などで2回戦4試合が行われ、8強が出そろった。今春のセンバツに出場した専大松戸(千葉2位)は駿台甲府(山梨1位)に6―0で完勝。17日は準々決勝2試合が行われる。
専大松戸の右腕・深沢が12K完封 駿台甲府相手に圧巻投球で8強入り/春季関東大会
 春季関東大会(第2日、16日、山日YBSほか)2回戦4試合が行われ、ベスト8がそろった。今春の選抜大会に出場した専大松戸(千葉)は駿台甲府(山梨)に6-0で快勝。浦和学院(埼玉)は作新学院(栃木)に8-1で七回コールド勝ち。花咲徳栄(埼玉)は佐野日大(栃木)に7-4、常総学院(茨城)は東農大二(群馬)に10-2で七回...
専大松戸・深沢が12K完封 センバツ以来となる公式戦先発で駿台甲府に勝利/デイリースポーツ online
 「春季高校野球関東大会・2回戦、専大松戸6-0駿台甲府」(16日、山日YBS球場) プロ注目で最速143キロのサイド右腕・深沢鳳介投手(3年)が今春センバツ以来の公式戦先発で完封勝利を挙げた。6安打を浴びたが、七回無死二、三塁のピンチも切り抜けて得点は許さず。「変化球も混ぜながら真っすぐを速く見せるか」と緩急でほんろ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント