智弁学園・前川右京選手が3安打1打点、8球団13人スカウトが視察

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

春季高校野球近畿大会の準決勝、大阪桐蔭vs智弁学園の試合には8球団13人のスカウトが視察する中で、智弁学園の前川右京選手が3安打1打点の活躍を見せた。

スポンサーリンク

3安打

前川右京選手は2回、ノーアウト1塁の場面でセンター前ヒットを打ち、その後の得点につなげると、6回にも2アウト1,2塁の場面では、勝ち越しのレフト前タイムリーヒットを打った。9回ノーアウト1塁の場面でもライト前ヒットを打ち、この日は広角に3安打を打ち分けた。

この日は小坂監督より「チームを助けられる打撃ができるように準備しろ」と5番を任され、「今日は目をつけて待てた。ファウルにして、少し甘く入ってきた球を仕留められた」とホームランを狙わずにチーム打撃を心がけた。

試合はサヨナラ負けをしたが、「今回負けたのは悔しい。でも力の差は感じなかった。下を向くことなくチームでもう1度、一から気持ちを入れ直して頑張りたい」と話す。

この日は8球団13人のスカウトが視察し、その打撃を見守った。前川選手自身、この春の大会は、2番で起用された奈良大会、1番や5番を任された近畿大会と、色々と悩んだ大会となった。それでも近畿大会では監督も認める活躍を見せた。この日はヒット3本を記録したが、いよいよ夏に向けては左の大砲としての打撃も期待したい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

チームは敗れたが、8球団13人のスカウトの前で勝負強い打撃を示したスラッガーは「チームを勢いづける一打を打つことができたことと、むやみに振らずに冷静に甘い球を打つことができたのが収穫でした」と胸を張った。

前川は2回も中前打で先制点奪取の起点になっていた。プロのスカウトが大挙して視察するなか、複数安打とアピールした。

2回は無死一塁から中前打で、7番・谷口綜大右翼手(3年)の中堅への適時二塁打を演出した。6回は2死一、二塁で打席に立ち、「ここで自分が一本決めてやる」と気合を込めた。一時勝ち越しとなる左前適時打を放ち、ベンチに両手を挙げて笑顔を見せた。9回にも無死一塁から右前打を放った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント