大阪桐蔭・竹中勇登投手が公式戦初9回4安打2失点完投勝利

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大阪桐蔭の145キロ右腕・竹中勇登投手が、公式戦初となる9回完投勝利を挙げた。

スポンサーリンク

智弁和歌山を9回4安打2失点

春季近畿大会は大阪桐蔭の背番号1を付ける竹中勇登投手は、この日の準決勝で強豪・智弁和歌山との試合で先発をした。

初回は三者凡退に抑え、2回もヒットを許したものの併殺で打ち取った。3回も先頭打者ヒットを許したが、犠打と内野フライで2アウトとした。しかし、そこから2四死球で満塁のピンチにすると、2点タイムリーヒットを浴びてしまう。

それでもその回を2失点に留めると、4回以降は9回までの6イニングをわずか1安打に抑えた。「そこから点を取られずに粘ることができた」と話す。9回を投げて4安打3奪三振2失点と見事なピッチングで、9回サヨナラ勝利に繋げた。エースとしての役割を果たした。

大阪桐蔭は150キロ左腕の松浦慶斗投手、154キロ右腕の関戸康介投手という存在がいるが、エースを勝ち取るために磨いた制球力は「負けない」と話す。エースとしてチームを引っ張る竹中投手、決勝の智弁学園戦にも勝利して最後の夏を迎えたい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-近畿のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

春のセンバツでは1回戦で智弁学園に6―8で破れ、「投手陣がもっとレベルアップしなければならないと感じた」という竹中。チームにはプロ注目の松浦慶斗、関戸康介(ともに3年)両投手もおり、エース争いはし烈だ。強豪校で生き残るために磨いた武器のコントロールは「(他の投手陣にも)負けない」と自信を持っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント