プロ注目遊撃手の敦賀気比・前川誠太選手がサヨナラ打、「プロ志望です」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

俊足の遊撃手でプロも注目する敦賀気比の前川誠太選手が、北信越大会準決勝でサヨナラ打を打った。

スポンサーリンク

プロ志望

前川誠太選手は50m6.1秒の足のある遊撃手で、ショートの守備も柔らかさがあり、遠投105mの肩もある。プロも注目している遊撃手。

この日は初回に、こちらもプロが注目している4番の大島正樹選手が3ランホームランを放ち先制したものの、先発の竹松明良投手が4回に崩れて7点を奪われた。8回までに2点差まで追い上げると、9回に同点に追いつき、前川選手のセンターオーバーの当たりでサヨナラで勝利した。

前川選手は得点圏にランナーを置く場面で4打席連続で立ったものの凡退しており、「迷惑をかけた。焦りがあった」と話す。しかしサヨナラ打を打ったことに「捉えた感触があった」と話した。

進路については「プロ志望です」と話す前川選手、「アピールしたい気持ちもある。夏につなげるためにいい形で勝ちたい」と決勝戦でも勝利し、夏にアピールをしていくことを誓った。

今年は現時点で高校生の遊撃手の候補が数は少なくないものの、特に打撃でアピールできる遊撃手は少ない印象、打撃や足でアピールをしてゆきたい。

2021年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-北信越のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

50メートル6秒1の俊足を誇る巧打好守の遊撃手。進路については「プロ志望です」と打ち明けた。「アピールしたい気持ちもある。夏につなげるためにいい形で勝ちたい」。昨秋に続く2季連続優勝を狙う決勝も、必勝を誓った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント