夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は関東第一と二松学舎大付がベスト4入り、今春は関東第一が優勝し、二松学舎大付がベスト4入りと、私学の二強が強さを見せている。

昨年夏にベスト4入りの大森学園や、日大豊山、小山台、帝京、東亜学園、修徳などが選手の力を生かして二強に対抗できるか。

注目選手

関東第一の市川祐投手は1年時からきれいなフォームと伸びるストレートが注目された。しかし2年時はフォームが定まらずに悩み、結果を出すために変化球に頼る投球を続けた。それでも3年春の都大会決勝で144キロを記録しストレート中心のピッチングを見せている。184cmの右腕でもっと成長を期待したかったものの、将来性も含めて十分評価できる。

二松学舎大付の秋山正雲投手は左のNO.1投手。最速144キロの速球に、先輩・大江投手に匹敵すると言われるスライダーを投げ、プロのスカウトも注目する。

修徳の床枝魁斗投手は球速では二人に匹敵する145キロ右腕。180cm85kgと体がしっかりとしており、重い球で押し切る投球ができる。

帝京の植草翔太投手は189cm84kgの大型右腕として、昨年夏も素質あふれる素晴らしい投球を見せていた。今年は140キロ中盤くらいになればドラフト候補として期待したものの、春は故障のため登板はなかった。安川幹大投手も180cmのきれいなフォームから141キロの速球を投げ、素質の良さを感じさせる。

その他の選手

関東第一の初谷健心選手は野手NO.1と呼び声高い。広角に鋭い打球を飛ばし、1年時より活躍を見せていた。昨年秋に肋骨を骨折し春まで本来のプレーが出来ずにいるが能力は高い。二松学舎大付の永見恵多選手も1番バッターとして足もあり高く評価されている。

帝京も1年時から期待された武藤闘夢選手が、昨年夏に左手首を骨折し、その後はやや伸び悩みを見せる。外野手の杉本直将毅選手などもスピードがある。成立学園の村田栄太郎選手はがっしりとした体からの長打力に、投手としても力のある球を投げる。

小山台の森村輝選手は180cm77kgの捕手で、打撃の強さは屈指。小暮瞬哉投手は右のサイドからのシンカーが抜群。東亜学園は鈴木浩太朗選手を中心に、長久保京介選手、高橋球児選手など、地区屈指の強打戦がある。昨夏にベスト4入りした大森学園は、松本哲郎捕手と八田成投手のバッテリーの巧みな投球術が武器。郁文館は左腕の甲斐一馬投手が多彩な変化球を見せ、身体能力の高い郭家樺選手も注目したい。

日大豊山の荒木慈安投手は173cmから142キロの速球を投げ、カットボールも鋭く切れる。183cm85kgの左腕・玉井皓一朗も145キロを記録し、力のある球で勝負する。堀越の谷井翼投手は右サイドハンドから力のある球を投げる。

城東の林平太郎投手は180cm80kgの左腕投手で、変化球を中心とした投球をするが、ズバッと差し込むストレートに強さがある。城西大城西の左腕・坂田真人投手も球威ある球が魅力。右腕の渡辺寮投手は制球が安定している。

紅葉川の山崎正義投手は春に1試合17奪三振を記録、東海大高輪台の的野健太投手も制球に課題があるが良い球を投げる。立正大立正の山本紘正投手も右のサイドから制球された投球で安定している。青山学院大の中山脩悟投手は、中山秀征氏のご子息。

2021年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント