夏の高校野球・西東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球西東京大会、大型速球派左腕投手の八王子・羽田慎之介投手や、早稲田実・清宮福太郎選手など注目される選手が多く、140キロ中盤を記録する素質ある投手や1番バッターに楽しみな選手が多い。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は東海大菅生が優勝し、センバツに出場をした。日大三が準優勝をしている。今春は日大三が優勝し、東海大菅生がベスト4入りと、私学2強の様相。

ここに、好投手の八王子や2019年覇者の国学院久我山、投打にバランスの良い明大中野八王子、佼成学園、早稲田実、そして実力校の国士舘なども絡んで来るかもしれない。

注目選手

八王子の羽田慎之介投手は191cm86kgの左腕投手で、最速は149キロを記録する。昨年秋の肘の故障から、春は短いイニングのみの投球でまだ力はベールに包まれているが、いざ本調子で投げた時にどんな投球をするのか想像がつかない。

早稲田実の清宮福太郎選手も、2年時にや春に実績を残すことは出来なかったものの、少年野球時代から見せていた素質の高さは十分で、大学などで成長してゆくのではないかと思う。早稲田実の田和廉投手は球速は140キロ前半だが、フォームのバランスの良さや球の角度などが評価されプロも注目している。ただし、大学で更に成長してからということになりそうだが、将来はドラフト上位で指名されるかもしれない。

東海大菅生の本田峻也投手、日大三の宇山翼投手もそれぞれ注目された左腕投手。本田投手は143キロの速球を投げるが、もっと成長が期待された。羽田投手と比べられてしまうと、すぐにプロという感じになりにくいが、田和投手同様に大学などで実績を作って上を目指せる選手だ。

国士舘の清水武蔵捕手は遠投110mの強肩捕手、しかし50m5.9秒の足があり、高い打率を残すなど打撃も良い。プロのスカウトは捕手、外野手として注目をしている。

その他の選手

日大三は130キロ後半の速球を投げ、50m5.7秒の足を持つ星憂芽選手が、スピード感あふれるプレーを見せ、試合の中でも最も目を惹く。ショートの鎌田慎也選手、捕手の安田和輝捕手といったセンターラインがしっかりしている強さがある。

東海大菅生の打席ら塁上で何かやってきそうな雰囲気を醸し出す千田光一郎選手に目が行く。3年生の堀町沖永選手など好選手がいるが、2年の福原聖矢選手、鈴木悠平選手、小池祐吏選手の素質が高く来年が楽しみ。そして185cmから144キロの速球を投げる2年生の鈴木泰成投手は来年のドラフト候補。

国学院久我山の内山凛選手は春に3試合連続ホームランと長打力がアップした。169cmと小柄だが144キロの速球を投げる高橋風太投手も粘り強い投球があり、小宮裕貴選手、真野恭輔選手など素質のある選手もいる。

創価の高沢春佑選手も投げては130キロ後半、50m5.8秒の足に肩もある高い身体能力を持った選手。2年生の杉江敏希投手も小柄だがキレのある球を投げる。日大二は3年生左腕の大野駿介投手が技巧派、2年生左腕の小林誠明投手が速球派でタイプが違う。1番バッターの杉山大知選手はホームランも打てる1番。

明大中野八王子は182cm81kgから130キロ後半の速球を投げる左腕の井上仁投手に注目したい。将来もっと球速が出てくれば楽しみ。築地星流選手は高校通算20本を越す本塁打を内、50m6.0秒の足もある選手。日大鶴が丘の山本輝大投手も安定した球を投げる左腕投手で、木村颯介選手など野手でも好選手がいる。

八王子実践の清水崇景投手は最速145キロの球を投げ、河本監督がまた速球派投手を育てた。昭和第一学園の馬渡優太投手も175cm82kgの体から145キロの速球を投げる。こちらも毎年のように好投手が出てきて楽しみ。日野高の木下孔晴投手は伸びのあるストレートが魅力。桜美林の岸祥大投手は春に粘りの投球で2試合連続完封。

国士舘は清水選手と同じく1年時から活躍していた林悠永選手が、1番バッターとしてヒットを量産する。早大学院の田村康介選手は広角に外野の頭を越す打球を飛ばすスラッガー。奥多摩高の外内滉大選手は183cmの大型遊撃手として注目される。

2021年度以降-高校生-東京都のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント