日大豊山の145キロ左腕・玉井皓一朗投手と142キロ右腕・荒木慈安投手が登板

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

日大豊山は湘南学院と練習試合を行い、145キロ左腕の玉井皓一朗投手、142キロ右腕の荒木慈安投手がそれぞれ登板をした。

スポンサーリンク

大型左腕

玉井皓一朗投手は183cm85kgの大型左腕で球速は145キロを記録する。きれいに腕を振り下ろすフォームでストレートの伸びとスライダーのキレがあり、この日は先発して3回を2安打4奪三振無失点に抑えた。「ストレートが浮いてしまったが、変化球でうまくカウントを取れた」と話した。

春は背番号1を付けた173cmの右腕投手で、最速142キロを投げる荒木慈安投手は4番手で登板し2回を2安打3奪三振1失点、失点はしたものの、高めの伸びるストレートで三振を奪った。

この日はアンダースローの足立丈投手なども登板し、夏を見据えて投手を継投した。福島監督は「投手を中心とした守りから入る野球をしたい。しっかりと守り、バントを決め、次の塁を狙う走塁をしていきたい」と話した。

日大豊山はシード校で、東東京大会では7月21日に初戦を迎える。

夏の高校野球・東東京大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球東東京大会、プロが注目する投手が数人いるものの、野手も含めた全体的には例年よりも候補が少なく、ドラフト注目度はC。

先発した1メートル84の長身左腕・玉井は3回を2安打無失点。力感のないフォームから繰り出す直球、スライダーが冴え、4三振を奪い「ストレートが浮いてしまったが、変化球でうまくカウントを取れた」と振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント