夏の高校野球・山形大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球山形大会、春の大会で鶴岡東、山形中央、東海大山形など6校が出場辞退をしたこともあり、現時点で名前の挙がっている選手は少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は日大山形が優勝し、羽黒が準優勝、鶴岡東と東海大山形がベスト4に入った。春は酒田南が優勝し、日大山形が準優勝、羽黒、創学館がベスト4入り。

日大山形、羽黒、酒田南が実績的に優勝候補となるが、春に出場辞退した鶴岡東、東海大山形、山形中央などの実力校がどんな戦力を整えているのわからず、優勝予想は難しいかもしれない。

注目選手

日大山形の浅利瑠良選手は、185cm90kgの左の大砲で、スケールの大きさや逆方向にも長打を打てる打撃にプロのスカウトも注目する。また、182cm82kgの滝口琉偉選手も、1年時から見せる強打や50m6.0秒の足と遠投115mの強肩が揃った外野手で、最速146キロを記録する投手としても将来性が注目される。

県NO.1投手は2年生の酒田南・田村朋輝投手だろう。184cmの身長があり、すでに球速は145キロを記録する。まだ線が細く現在は71kgだが、これは80kg台に乗ってきた時、どんな球を投げるのかが非常に楽しみ。

その他の選手

日大山形は伊藤翔海選手も184cm92kgと体格に恵まれ、スケールに違わぬ強い打球を打つ。エースの斎藤堅史投手も180cm84kgの右腕で130キロ後半の速球を投げる本格派。左腕の小野勇翔投手、2年生右腕の大類興雅投手も球に力があり、それらの投手をリードする2年生の梅津康生選手も強打の捕手。

酒田南は田村投手以外も下級生に注目選手が多く、春にサヨナラ打などチャンスに強い打撃を見せた1番・桐花幸甫選手、4番捕手としてチームの中心になっている神原健人選手、左腕で好投を見せた阿部勇翔投手は1年生。羽黒も痛烈な打球を打つ4番の川田海選手や180cm80kgの本格派右腕・本間葉琉投手は2年生。

春に出場のなかった鶴岡東は、海藤瑞稀投手がキレの良い球を投げる左腕投手として、小林壱星選手が小柄のショートだが強打の選手として期待したい。東海大山形も大河原翔選手と田端真陽ダッタ選手がグラウンド練習で防球ネットを超す長打を打っている長距離砲。

進学校の山形東は、エースの宮田陽樹投手が本格派として安定した投球を見せ、長谷川史音選手が春に打率7割をこす打撃を見せ、チームの快進撃を支えた。夏も快進撃を見せられるか。

創学館の安藤翼投手は164cm57kgの左腕投手で球の出どころが見えにくいフォームから、見分けの付けにくいスライダー、チェンジアップを投げる。山本学園の菅井信也投手は、2年秋の山形東戦で9回15奪三振を記録、長い腕をしならせて回転の良い球を投げる。長井高校の多勢優投手は、183cm84kgの身体から130キロ中盤の思い速球を投げる。平塚壮真選手も軽く振って打球が強い4番バッター。

米沢中央の高橋楽音選手は攻守に光るプレーを見せ、2年生の今井朝日投手はストレートとフォークが武器の好投手。

2021年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント