夏の高校野球・栃木大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球栃木大会、例年、140キロ中盤の速球を記録する投手や、プロ注目の野手が出てくる栃木県だが、今年はやや少ない印象でドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は国学院栃木が優勝し石橋が準優勝、青藍泰斗、作新学院がベスト4に入った。春は佐野日大が優勝、作新学院が準優勝し、白鴎大足利と宇都宮工がベスト4入り。

作新学院が10連覇を目指し、さすがの選手層の厚さを見せるが、同じく選手層の厚い佐野日大が対抗となりそう。また、文星芸大付、青藍泰斗、白鴎大足利なども戦力があり、石橋、宇都宮工など公立も強さを見せる。そして那須清峰などにも好投手がおり、強豪も油断出来ない戦いが続きそうだ。

注目選手

佐野日大はエース・早乙女左恭投手が173cm72kgの左腕投手で、球速が142キロまで伸びてきた。プロ球団も注目をしており、夏の投球が楽しみ。

その他の選手

佐野日大は178cm84kgの岡佐昌樹選手が引っ張って強い打球を打ち、大関日和選手は身体は大きくないものの逆方向にも飛ばせる。広角に強いゴロを打てる川崎大也選手が1番で出塁し、2年生の丸山詩温選手もフルスイングで相手に怖さを感じさせる。

作新学院はエース・井上力斗投手が180cm82kgの左腕投手だが、制球力を重視した技巧派のスタイルで打たせて取る。130キロ中盤だが球の伸びがある林拓希投手や142キロを記録する右腕の佐藤優成投手が、井上投手との緩急で力のある球を見せる。

打線でも183cm90kgの主砲・小口莉央選手は打席で迫力があり、強打の大房建斗選手と、2年生で181cm83kgの右のスラッガー・鈴木陽登選手が前後を固める。田代健介選手、相場秀三選手の左の1,2番コンビも出塁ができる。

白鴎大足利は182cmから143キロの速球を投げる中沢匠磨投手と、177cmの左腕で球速は130キロ中盤も、フォームが美しく安定している吉沢隆太郎投手に注目したい。50m5秒台の磯卓真選手の足も魅力。

石橋の小林到捕手は身体は大きくないものの、セカンドまで1.8秒台の強肩と、打撃でもヒットを量産し、攻守の中心として活躍をする。青藍泰斗の宗祐矢選手は188cm87kgの身体があり、高校通算19本塁打の長打力に足、肩もある選手。チームでは町田愛斗選手も強打者として名前が挙がる。2年生の梶本結雅投手も184cmの大型右腕で130キロ後半を記録する。

文星芸大付の主軸、佐藤真也選手と福田夢羽斗捕手も県を代表するスラッガー。国学院栃木も最上太陽選手が4番遊撃手として高く評価され、関凛斗選手も右の強打者として注目される。宇都宮工の福田空脩選手は171cm75kgと上背はないものの、鋭いスイングで長打を打つ。宇都宮短大付の福田航選手は180cm85kgの体があり、1番バッターとして俊足を見せる。鹿沼高の大竹海央選手は1年時から登板し、今年は4番エースとしてチームを引っ張る。

宇都宮工の功刀聖人投手は179cmの左腕投手、変化球とクロスファイアで緩急をつけ空振りも奪える。将来、球速が伸びてくれば楽しみ。植竹遼投手は多彩な変化球と制球力で勝負する。宇都宮商の飯村晃貴投手は130キロ中盤の速球を投げる左腕投手。

那須清峰の黒坂大希投手は185cm78kgの左腕投手で、最速は144キロを記録する。それほど有名になっていないが、隠し玉候補として注目したい。栃木工の石川晃誠選手、宇都宮高校の堀越健太投手、宇都宮北の桧山嘉乃人投手も長身投手で本格派と評価されており、見てみたい投手。

下級生では国学院栃木の1年生・盛永智也投手は中学時に180cmから144キロの速球を投げている。栃木農のバスネットスエス選手はネパール出身の選手で、180cm84kgの身体があり、肩も足も、長打力もあると評価されている。

2021年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント