夏の高校野球・秋田大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球秋田大会、ドラフト1位候補投手がおり、他にも140キロ前後を記録する投手も多い。全体的にレベルが高くドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は角館が優勝、秋田工が準優勝をした。ベスト4に湯沢翔北と大館桂桜が入っている。春は明桜が優勝し秋田中央が準優勝、大館桂桜、大館鳳鳴がベスト4入り。

県全体のレベルが高く、群雄割拠の状態となっているが、明桜は選手層の厚さもあり優勝候補の筆頭。秋田中央や実績のある角館、大館桂桜、大館鳳鳴、能代松陽が追い、湯沢翔北、秋田工、金足農、秋田商、秋田、大曲工、秋田南、由利、由利工なども力がある。

注目選手

明桜の風間球打投手は、183cmから最速153キロの速球を投げ、常時150キロ前後と高校生離れした投球を見せる。変化球などまだ成長の余地を残す選手で、将来は日本を代表するような投手になると思われる。今年のドラフト会議でも1位指名が有力だ。

その他の選手

明桜の石田一斗投手は、投手として安定感では風間投手以上に信頼されており、140キロ台のストレートと変化球を織り交ぜる投球を見せる。登板しない時はショートを守り強肩を見せている。

秋田中央の野呂田漸捕手は、1年夏に甲子園でマスクを被り、二塁送球1.85秒を記録する強肩捕手として注目される。打撃もバットをうまく出して打球を飛ばし、評価されている。湯沢翔北の佐藤創投手は180cmから回転の良い130キロ後半の速球を投げ、捕手の佐藤悠選手は春に2打席連続ホームランを放つなど長打力も注目される。

能代松陽は深堀虎童投手がテンポよく投げるエースで、左腕の大高勇心投手は137キロの速球を投げる左腕で2年時はエースだった。183cm107kgの身体からの迫力ある打撃を見せる柳原海凛選手も注目される。

本荘高は183cmの大型捕手・佐藤慶作選手の打撃と、2年生投手で142キロを投げる阿部流音投手、135キロ左腕の村上結兜投手をリードする。阿部投手、村上投手はともに俊足と長打力のある選手でもある。

角館の武田拓海投手は139キロの速球と5種類の変化球を織り交ぜ、昨秋も完投勝利を挙げるなど力を見せた。大館桂桜の安藤拓巳投手は178cm80kgから139キロの重い球を投げ、変化球もしっかりと投げられる投手。由利工の高瀬水楓投手も182cm77kgの右腕で139キロの速球にフォークで三振を奪う。球数が少ない完封勝利を挙げるなど好投手で打撃も良い。齊藤塁投手は鋭いスライダーを投げ昨秋に好投した。

秋田商の高橋入麻投手は173cmの右腕で最速140キロに到達した。秋田高の石井夢沙士投手も180cmから140キロのストレートを投げ、延長戦まで一人で投げるスタミナも持つ。金足農の山形琉唯投手も173cmから141キロの速球を投げ、多彩な変化球を織り交ぜる。

秋田修英の持主太陽投手は身体もあり強いストレートとスライダーを投げる。173cm82kgの那須孔明選手は、ショートを守り強い打球を打つ選手として注目される。由利高の加納史也選手もショートの守備と俊足・強打の三拍子揃った選手。

大曲工の藤川空宙選手は177cm88kgの体格があり、明桜の風間投手からホームランを放った。秋田工の佐藤蒼記選手は50m6.2秒の足のと長打力がある。大館鳳鳴の中田裕生選手は5番を打ち、広角にヒットを打ち分ける。秋田南の下間拳真選手は、180cm81kgの体から強い打球を打ち、投げても137キロを記録する強肩外野手。

2年生では秋田南の塚田将正投手が右のやや横から139キロの速球を投げ、来年注目の投手。大曲農の竹村凌平選手は中学時代に全国大会で活躍した選手で、4番投手として力を見せている。大館鳳鳴の木村拳士投手も緩急をうまく使う左腕投手で安定感がある。

2021年度以降-高校生-秋田県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント