夏の高校野球・福井大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球福井大会、投手、内野手、外野手にプロが注目する選手がおり、140キロ台を記録する楽しみな投手も多い。ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は敦賀気比が優勝しセンバツに出場をした。準優勝は福井商、ベスト4に北陸と美方が入った。春も敦賀気比が優勝し、福井商が準優勝、ベスト4は大野と北陸。

敦賀気比が本命、対抗に福井商と北陸という所に、選手層の厚い福井工大福井が絡みそうだ。さらに北陸、大野、金津など好投手を持つチームも強豪撃破を狙う。

注目選手

金津高の藤田貴志投手は、170cm62kgと小柄な左腕投手だが、球速は145キロを記録し、昨年秋の1試合20奪三振でプロのスカウトも注目する。とにかくストレートの伸びがすごく、わかっていても空振りしてしまう球質。

足や肩などで総合力の高さをプロが評価する敦賀気比の外野手・大島正樹選手と遊撃手の前川誠太選手、センバツで大きくアピールすることができなかった事もあり、夏はアピールする結果を残したい。

その他の選手

敦賀気比は1番の東鉄心選手も50m5秒台の足に強い打球でヒットを打てる。投手陣も左腕の竹松明良投手に、センバツで140キロ台を記録した本田克投手、2年生で142キロ右腕のエース・上加世田頼希投手、そして1年生の桶谷司投手など、抜群の投手陣を持つ。

福井商は遊撃手の宮崎智生選手の評価が高く、広い守備範囲に広角にヒットを打てる技術などが評価される。南慶二朗投手は130キロ後半の速球を投げ、カットボールで打たせて取る。

福井工大福井は130キロ後半を記録する3年生の塚原吏空投手に、2年生の左腕・鳴海仁哉投手や140キロを記録する向嶋大輔投手など投手陣が厚い。打線も182cm86kgの4番・佐藤隼太選手の痛烈な打球に、向嶋選手は打撃でも評価が高い。捕手も沢岻瑞希選手がしっかりしており、総合的に強いチーム。

坂井高は捕手の島田源大選手が鋭い打球を打つ福井屈指の強打者、右のサイドから鋭いスライダーを投げる吉岡陽飛投手、守備で目を惹く金子晏士選手も注目したい。北陸高校は185cm右腕の中山優斗投手が130キロ中盤の速球とスライダーがよく、2年生の186cm80kgの左腕・百田璃希投手や143キロの速球を投げる竹田零士投手も楽しみな投手。俊敏な動きを見せる二塁手の吉村飛鳥選手のスピード感あるプレーにも注目したい。

啓新の塚田晴斗投手は176cm85kgと安定した体格から143キロの速球を投げ、ツーシームなど動く球を使って勝負する。大野高の春木奎吾投手も伸びのあるストレートで高めの球で空振りを奪い、サイドハンドの山腰大慎投手も力のある球の評価が高い。三国の阿部啓斗投手は169cm70kgの右腕で最速は141キロを記録する。スピード以上の球威を感じるまっすぐが武器。強打が注目される矢部真至選手も楽しみな選手。

若狭の中野弘基投手は187cmの長身右腕投手で、将来が楽しみ。美方の川崎侑成投手の好投手と評価される。武生工の橋本龍希選手は投げては138キロ、50m6.0秒の足に打撃もよく、高い身体能力が注目される。

2021年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント