夏の高校野球・新潟大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球新潟大会、好投手が多くいるものの、ドラフト指名確実という選手はおらず、全体的に現時点で候補が多いという感じでもない。ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は加茂暁星が優勝し、準優勝に新潟明訓、ベスト4に関根学園と東京学館新潟が入った。春は新潟産業大付が優勝し、関根学園が準優勝。新潟高と新潟明訓がベスト4入りした。

新潟明訓と関根学園が安定した力をみせており、春優勝の新潟産大付に勢いがあるため3強。これを加茂暁星、日本文理、中越、東京学館新潟などが追いかける。

注目選手

新潟産業大付の西村駿杜投手は、最速142キロの速球がもっとスピードが出ているようにも感じされる。カーブ、スライダーなど基本的な変化球のコントロールもよく、試合を支配する力がある。

その他の選手

新潟明訓は171cmの飯浜友翔投手が最速144キロを記録するまで成長、新潟を代表する速球派となった。140キロを投げる柳下祐希投手も、昨秋に敦賀気比を7回まで1安打に抑える好投を見せており、2枚看板に注目。

関根学園は滝澤夏央選手が50m5.6秒という驚異的な足で内野安打を稼ぐ。ショートの守備も守る範囲が広く。注目選手の一人。173cm83kgの尾身颯太選手は高校通算26本塁打の強打者。エースの牧野水樹投手が130キロ後半のキレの良い球を投げる。

新潟産業大付は野手も楽しみ。五十嵐魁選手は打撃センスが良く1年秋に4番を努め2本塁打を放った。今年春は鈴木健太郎選手が4番を打ち、長打を見せた。リードオフマンの小林和貴選手がチャンスを作り、主軸へと回す。

加茂暁星の濱谷直生投手は130キロ中盤の速球と変化球をうまく組み合わせた投球で、打たせて取る。広角にヒットを打つ椿大雅選手、179cm82kgの捕手で二塁送球が1.88秒を記録する伊藤謙吾捕手、2年生で185cm87kgの恵まれた身体から長打を打つ齋藤大優選手やパワーのある大木叶亜選手など、楽しみな選手がそろっている。

中越高の渡辺恵多投手は172cm73kgの右腕で140キロを記録、球の勢いで三振も取れる。4番バッターとしても活躍。控えの加藤秀成投手も力のある球を投げ、岸優真選手などがしっかりと守る。日本文理は2年生の186cm右腕・田中晴也投手が142キロの球を投げ、打撃でも長打力を見せる。長打力のある渡邊暁仁選手や、同じ2年生の竹野聖智選手などが援護できるか。

新発田中央の長谷川翔午投手は177cm95kgから84kgまで体重を落とし、142キロを記録する。北越の小川稜太投手も142キロの速球を投げる。捕手だったが投手としてリリーフで140キロ台を連発した。新井高の岡本寛太投手は174cm75kgから142キロの速球を投げ、球はやや荒れるものの、狙って振っても空振りするストレートが魅力。

新発田高の大越直人投手も130キロ中盤を記録、ストレートの質が良い。父はNHKキャスター。五泉高の猪俣悠真投手も昨年夏から投手に転向し、この夏までに本格化してきた。羽茂高の風間晴斗投手も137キロの速球を投げ、公立の星として期待されている。

東京学館新潟の四方渚人選手は、179cm79kgの右打者で春に場外ホームランを放つなど飛距離十分のスラッガー。古俣秀選手も広角にヒットを打ち分ける。柏崎の永井希青選手は俊足を活かすために外野手に転向し、5番打者としてチャンスの強い打撃を見せる。

2年生では帝京長岡の茨木秀俊投手がすでにプロ注目。184cm83kgの右腕で最速は141キロを記録しているが、北海道から芝草監督を慕って入学した。来年が非常に楽しみな投手。新潟工業の左腕・桐生隼投手は、淡々と良いテンポで投げて抑える投手。

2021年度以降-高校生-新潟県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント