夏の高校野球・和歌山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球和歌山大会、全体的な候補選手の数は少ないものの、ドラフト1位クラスや指名がほぼ確実な選手などがそろい、プロのスカウトも大勢視察に来ることになりそうだ。ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は市和歌山が優勝、和歌山東が準優勝、ベスト4に智弁和歌山と向陽が入った。市和歌山はセンバツに出場をしている。

春は智弁和歌山が優勝、市和歌山が準優勝。ベスト4に和歌山東と近大新宮。

絶対王者・智弁和歌山とそれに対抗する市和歌山の2強体制で、どちらも全国クラスのチーム。和歌山東、箕島、近大新宮、和歌山商、向陽などがどんな挑戦をしていくのか。

注目選手

市和歌山の小園健太投手は、184cm90kgの身体から152キロの速球を投げる。常時でも140キロ中盤を記録し、スライダーなどの変化球の他に、140キロ近い球速のカットボールを投げる。印象としては昨年夏が力強さやカットボールが一番良かった感じではあるが、この1年で悪い時にも抑えるような引き出しを増やした。最後の夏に昨年夏の投球を超えるようなピッチングができるか。

同じく市和歌山の松川虎生捕手は、センバツで見せた痛烈なセンター前ヒットが印象的、春季大会でもスカウトの度肝を抜く場外ホームランを放ち、その評価は絶対的なものにした。全国クラスの右腕投手との対戦でどんな結果を残すのかなど、興味は高い次元に行っている。

智弁和歌山の中西聖輝投手は180cm89kgまで身体が大きくなり、球速も147キロを記録した。パワーピッチャーで夏には150キロを越えてきそうだが、それ以上の球の伸びや変化球なども見せてほしい。

また、智弁和歌山の徳丸天晴選手は、高校1年時から注目された選手。185cm91kgの右の大砲で、高校通算は42本としている。しかし、千葉学芸の有薗選手など右の大砲が注目される中で今ひとつ名前が出てこないなど、少し伸び悩みという雰囲気が漂っている。その雰囲気を打ち払うように夏の大会ではホームランを量産してほしい。

松川、徳丸の二人に並んでくるのが、高野山の渡辺大和選手。177cm89kgの右の大砲で、昨夏にすでに4球団のスカウトが注目をしていた。逆方向にも運べる力があり、右の主砲候補として高く評価されるかもしれない。

もう一人、箕島の左腕・中川大雅投手も評価が高い。175cm67kgとまだ線は細く、143キロの鋭い真っ直ぐを投げる投手だが、良い時とそうでない時の差が大きい。それでも兄の中川虎大投手が育成でDeNAに入団し、支配下登録の後、今年は1軍で先発として投げており、その成長度を見ると、弟にも可能性を見たくなる所がある。持っているポテンシャルは高いと見て、育成ドラフトで指名する球団があるかもしれない。

その他の選手

向陽高の田中輝映投手は、167cmの小柄な右腕だが、最速144キロの速球は切れ味バツグン。近大新宮戦で8回15奪三振1失点の投球をしており、評価は挙がっている。

智弁和歌山の選手は、全体的にレベルが高いので注目選手となりにくい。大西拓磨選手の守備や宮坂厚希選手のスピード、143キロを記録する伊藤大稀投手なども本来は注目選手として挙げられてもおかしくない素質を持っている。少数精鋭で2年生もレギュラーを取ってきた。捕手の渡部海選手、サードの高嶋奨哉選手、そして大型右腕の武元一輝投手などは来年の注目選手となりそうだ。

市和歌山もレベルが高い。1番ショートの河渕巧選手から主軸へしっかりと繋ぎ、松川選手の後ろも田中省吾選手など強打の選手がいる。そして小園投手の控えとして、2年生の米田天翼投手は146キロを投げ、左腕の宮本勇投手も140キロを記録する。180cm右腕の淵本彬仁投手も力がありそうで、来年も注目されそうだ。

和歌山商の宮田樹選手はバットの振りが良く長打を期待できる選手。1番の吉田新選手も巧みな打撃ができ、足も注目される。左腕の宮田率生投手は伸びのあるストレートを投げる。和歌山東も1番の佐々木惇斗選手と4番の上代真大選手がそれぞれ県屈指の存在。2年生左腕の山田健吾投手などもどのように成長していくか。

耐久高の冷水秀輔投手は172cm72kgの右腕で141キロの速球とカットボールが良い。近大新宮はアンダーハンドの三田大知投手と左からのカーブが良い新川祐貴投手が継投する。

熊野高の関矢舜選手は、174cm68kgの3番遊撃手で、特に高校通算11本と長打力が光る。箕島の辻航平選手は春に1試合2本塁打を記録した長打力がある。和歌山南陵の緒方健心選手も強い打撃ができる。

粉河高の橋本優二郎選手は180cm85kgの選手で、パワーだけでなくバットコントロールの良い選手。南部高校龍神分校の松澤立斗捕手はセカンドまで1.86秒の強肩が光る。日高高校中津分校の原大晟捕手も強肩で投手としても力のある球を投げる。

初芝橋本は2年生の川端一正選手と松井大空選手のバッテリーの成長に期待したい。

2021年度以降-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント