夏の高校野球・京都大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球京都大会、プロ注目の捕手に146キロ投手など注目選手はいるものの、3年生世代は候補が現時点でやや少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は龍谷大平安が優勝し乙訓が準優勝、ベスト4に京都国際と東山が入り、京都国際がセンバツに出場している。春は京都国際が優勝、京都成章が準優勝し、ベスト4に乙訓と東山が入った。

京都国際、乙訓、東山が安定した力を見せ、京都成章も勢いがある。ここに京都翔英、東山、立命館宇治、龍谷大平安、京都外大西、福知山成美といった強豪がどのように絡んでくるか。

注目選手

乙訓の北見隆侑投手は、しなやかな腕の振りからのストレートが魅力で、176cm88kgと身体が強くなり、最速も146キロを記録した。投球内容も安定しており、プロも注目している。

京都国際の中川勇斗捕手もプロが注目。二塁送球が1.8秒台の強肩に、1番バッターを任される俊足があり、一発のパンチ力も持つ。センバツでの活躍が評価されている。また、2年生の武田侑大選手は、高い身体能力を持ち、ホームランを連発するパワーも持つ選手として、来年の注目選手の一人に挙げられる。

その他の選手

京都国際は2年生の左腕エース・森下瑠大投手が140キロに到達し本格化、好投手の平野順大投手や、135キロ右腕の森田大翔投手など2年生投手が注目される。攻撃でも3年生の金森塁選手などがいるが、2年生に加藤蒼選手、辻井心選手など能力の高い選手がそろう。

福知山成美の中田周投手は力のある143キロの速球で押し込める投手。俊足で打撃センスも良い前田壮一朗選手が攻守の中心。東山高校は2年生の142キロ右腕・橋本翔太投手が中心となりそうで、3年生の谷川慶投手も141キロを記録、その二人をリードする原亮二捕手もスローイングが良く注目されている。192cm93kgのパワーヒッター・早田慧選手も将来が楽しみ。

京都成章はエースの細見航夫投手が抜群のコントロールがあり、嵓康介捕手が巧みなリードを見せる。内野手の涌田和希選手は、投手として140キロ近い球を投げる。龍谷大平安は主将で遊撃手の吉田元選手と、快足センターの実谷大周選手が守備を堅いものにしている。辻本工稀選手などが粘りの打撃で得点を奪い、課題の投手力も、144キロを投げる1年生の岩井聖投手などを思い切って起用するかもしれない。

立命館宇治は白田晴宗投手が140キロを記録、司空宙大投手も130キロ中盤の球を投げる。1年生の北川陸翔投手が130キロ後半の速球を投げる大型投手として期待され、同じく1年生で春に1番バッターで起用された築山隆翔選手も将来が期待されている。

京都翔英は技巧派右腕の池島涼太投手が好投を見せ、140キロの伸びのある球を投げる左腕・庄司大翔投手も楽しみ。京都外大西は142キロ右腕のワトリージェイヤー投手と、2年生で140キロの速球を投げる西村瑠伊斗投手の2枚看板が注目される。

乙訓は石田連己投手も130キロ中盤の速球に力がある。西城陽の井上周汰投手は、スリークォーターから力のある球を投げ、1年時から注目されている。この夏にどんな投球を見せるか。塔南の粟津啓太投手は、長身から角度ある球を投げる左腕投手。

京都共栄は172cm72kgの左腕・遠藤翔海投手の鋭いスライダーに注目。130キロ中盤を記録するストレートも強い。鳥羽高校は伸びのあるストレートを投げる右腕の田中杏投手と、左腕で力強い球を投げる作本成央投手の2枚がそろう。綾部の山崎晃汰選手はショートとして俊敏な動きが注目される。

2021年度以降-高校生-京都府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント