夏の高校野球・富山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球富山大会、将来が楽しみな投手、俊足の選手などがいるものの、今年のドラフト会議で指名されそうな選手などが現時点で少なく、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は高岡商が優勝し、新湊が準優勝。ベスト4に富山北部・水橋の連合チームと富山商業が入り、富山北部・水橋は21世紀枠の候補となった。

春は高岡第一が優勝し、高岡商が準優勝。新湊と富山第一がベスト4入り。

高岡商、高岡第一、富山商、富山第一、新湊などが強さを見せており優勝争いは混戦。さらに未来富山や氷見、富山工などが追いかける。

注目選手

高岡商の石黒和弥選手は、軽快な動きを見せる遊撃手として評価が高く、高校通算25本塁打などパワーも伸ばしてきた。上のステージを意識しても良い選手だろう。

高岡第一の中村来生投手は190cm76kgの大型右腕で、最速は139キロを記録する。角度のあるストレートで春は10奪三振完封勝利など結果を見せており、夏に一気にブレークする可能性もある。

その他の選手

高岡第一は178cm左腕の沖田拓真投手も春に好投を見せ、昨年秋のエース・小久保隼人投手も130キロ後半の力のある球を投げる。春は故障だったが3枚が揃えば強い。50m5秒台の足を持つ辻口陸選手は塁に出た時が注目だ。

富山商の岩城颯空投手は、180cm88kgの左腕投手で最速は142キロを記録する。2年秋は左膝の故障もあり星稜に大量失点したものの、春は準々決勝で12奪三振を記録した。外野手の井上爽一朗選手も180cm75kgの体からパワーある打撃を見せ、投げても力のある球を見せる。

未来富山の天川琉乃祐投手は176cm71kgの右腕で、最速138キロの速球を投げ、打撃でもパワーを見せる。165cm左腕の水田颯投手は鋭いスライダーで三振を奪う。野手でも高校通算20本塁打の渡邊颯馬選手は174cm90kgの左の強打者。2年生の大久保大侍選手は110kgの体からフルスイングが光る。強肩捕手の山岡孔明選手も注目しておきたい。

富山第一は、2年生の小林路春投手がキレのあるストレートとスライダーで注目され、3年生の長身右腕・島野翔天投手と力のある左腕・島崎陽太投手も最後に力を見せたい。高岡商は2年生のサイドスロー右腕・桑名勝投手に力があり、同じく2年生の近藤祐星捕手は強肩と打撃で来年の注目選手。

新川高は久保田治也投手が178cm78kgの右腕で143キロをを記録し、県屈指の速球派。フルスイングで広角に強い打球を飛ばす中川翔太選手も注目される。富山工の清水大夢選手は気迫のこもった打撃と守備を見せ、2年生の175cm左腕・多賀貫太投手は、高岡商から13奪三振を記録した。

新湊の津田竜希投手は175cm68kgの右投げの投手で、力強いストレートに縦に割れるボールを投げる。春4試合に投げて22回連続無失点、3失点に抑える好投を見せた。高岡向陵の宝里弘人投手も168cm67kgの左腕投手で最速は140キロ、伸びのある球が魅力。

氷見の太田隆史選手は外野からのレーザービームと50m6.1秒の足に注目、2年生の橋歩睦選手も俊足強肩の選手。砺波高の吉崎祐輝選手は高い身体能力を持つ選手で、攻守でセンスの良さを見せる。富山北部の石崎幹卓選手は179cm82kgの右打者で、長打を連発する。

下級生では小杉高の城山旺雅選手は昨年秋にチャンスに結果を残した4番打者。その高朋は2年生の佐野翔大捕手が強肩で、1年生の田中尭矢選手がショートで注目を集めている。高岡高の2年生左腕・岩上倫也投手はチームをベスト8に導いた好投手。富山高専の山崎壮一朗投手も春に好投を見せて注目された。

2021年度以降-高校生-富山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント