夏の高校野球・奈良大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球奈良大会、ドラフト上位で指名されそうな選手が投打におり、レベルが高い。全体的には少し候補が少ないののの、ドラフト注目度はA。

スポンサーリンク

地区

昨秋は天理が優勝、智弁学園が準優勝し、両チームはともにセンバツに出場をした。ベスト4に畝傍高と奈良大付が入った。

春は智弁学園が優勝し、天理が準優勝。ベスト4に奈良大付と畝傍が入った。

上位4校は順番が違えども一緒で、特に2強の天理、智弁学園は好選手がそろう。奈良大付と畝傍が追いかけ、更に郡山、高田商などが絡んでくるか。

注目選手

天理高の達孝太投手は193cmの右腕投手、長身投手は成長が止まっていなかったり、まだ線が細いままでフォームを固める所まで高校生の段階では行かない事が多いが、達投手は順調に体も出来上がり、それに合わせてしっかりとフォームを作ってきている。球速も148キロを記録しているが、スムーズなフォームが頭の中に入っており、修正能力やこれからの成長に置いても非常に重要な要素となる。プロでは実績も残せるし、更に成長した姿を見せてくれそうだ。

智弁学園の前川右京選手は177cm90kgの左のスラッガー。高校通算は35本で、ホームランを量産というよりは、ライト方向に強い当たりを飛ばす印象。それでも打席での一発の迫力を十分に持っている。左投げでポジションが限定される事もあるが、打撃を一芸として十分評価しても良い選手だ。

智弁学園では1年生から注目されてきた小畠一心投手、西村王雅投手も注目。小畠投手は185cmの長身右腕投手で期待されてきたが、イメージよりはやや成長スピードがゆっくりという感じ。それでも145キロの速球は魅力がある。西村投手は小柄で球速こそ130キロ台だが、2年時の甲子園交流試合で見せた投球は、大学、社会人を経由してプロに行くような素質を持っていると感じた。

再び天理高校に戻り、外野手の瀨千皓選手は、179cm85kgの打者で、タイミングのとり方やスイングの強さが評価できる。杉下海生選手のショートの守備は柔らかくスピード感があり、大学などに進んでも1年目から守備についていそうだ。更に左腕の森田雄斗投手は180cmと身長があり、伸びのある139キロの速球は将来もっと伸びてくるだろう。

その他の選手

天理はリードオフマンの内山陽斗選手も選球眼が良く、一発も打てる選手。堀内太陽選手は50m5秒台の足が注目、左腕の中川一平投手は春に8者連続三振を奪うなど力がある。2年生でも188cm右腕の南沢佑音投手が140キロを記録し、長打力のある内藤大翔選手、打率も残せる強打者の戸井零士選手なども来年が楽しみ。

智弁学園の山下陽輔選手は、前川選手と並ぶ強打者の一人。岡島光星選手の攻守に能力の高さがある。足や肩のある植垣洸捕手も身体能力が高い。2年生の北村泰都選手、酒井優夢選手もU15代表を経験した実績のある選手で、すでに力を見せている。

高田商の安井直斗投手は181cm78kgの右腕で130キロ中盤の速球とカーブが持ち味。控えの右腕・合木凛太郎投手は143キロを記録する速球派。俊足遊撃手の1番・森下侑也選手に左の強打者で4番の山中優輝選手も注目。

奈良大付はサイドスローの二宮知也投手がストレートとシンカーの威力がある。左から伸びのある球を投げる東大地投手も楽しみ。双子の本間悠人選手は1番バッターとしてヒットを打てて、本間賢人選手は4番で強打を見せる。2年生の河原巧選手もショートで好守備を見せる。

橿原学院の吉田陽斗投手は174cm76kgの右腕で130キロ後半のストレートは伸びがある。御所実の橋本凛太郎投手は174cm65kgの左腕投手で、サイドから威力ある真っすぐとチェンジアップを投げる。法隆寺国際の坂本亘弥投手もチェンジアップが得意の左腕投手。奈良朱雀の清水風雅投手は183cmの長身左腕投手で、角度のある球を投げる。

関西中央の泊航太朗選手は、183cm77kgの選手で4番として長打力を見せていたが、俊足も魅力で現在は1番バッターとして強打を見せる。登美ヶ丘の藤井海斗選手は50m5.8秒の俊足で、センターで広い範囲を守り、打撃にも力がある。

郡山の山口瑛士選手はミートの上手い選手で、1番で俊足の北野尚太選手をホームに還す。高円高校は単独チームで出場は難しいかもしれないが、森本大貴選手は130キロを記録する肩があり、4番バッターとしても打球が伸びる。

2021年度以降-高校生-奈良県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント