夏の高校野球・佐賀大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球佐賀大会、ドラフト上位候補選手などはいないものの、140キロ中盤を記録する大型投手など素質に恵まれた選手は多く、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は東明館が優勝し、唐津商が準優勝。ベスト4に佐賀北と佐賀商が入った。春も東明館が優勝し、多久が準優勝。ベスト4に佐賀北と太良が入った。

東明館が連覇をしていて優勝候補の筆頭となるが、佐賀北、佐賀商、唐津商などの強豪に、多久、太良なども絡んできそうだ。

注目選手

佐賀商の平野大智投手は184cm90kgの体から143キロの速球を投げる。捕手から投手に変更してまだ間もないが、すでに鋭く沈むスライダーなどを投げ、成長速度が早い。将来はどこまで伸びていくのか、楽しみな投手だ。

敬徳高の太田透天投手も180cm81kgの右腕投手で、角度のあるストレートは球質も良く、非常に魅力的な球筋を見せる。外野手としても強肩で足もあるなど、身体能力の高い選手でもある。

東明館の加藤晴空捕手も注目選手。175cm77kgの選手で、投手としても130キロ後半の速球を投げ、多彩な変化球を投げて好投したが、捕手に転向するとセカンドまでの送球は1.8秒を記録して注目された。また50m6.0秒の足もあり、身体能力の高い捕手だ。

他にも、唐津商の原丈太郎投手は185cmの左腕投手で、最速は145キロを記録する。縦の角度がある投手。有田工業の北村健一郎選手は178cm80kgの選手で、投手として145キロを記録する。その強肩を生かした遊撃手としても注目される。

その他の選手

佐賀北は184cm73kgの長身左腕投手・荒谷紘匡投手が、130キロ後半を記録する。ただし投球は制球を重視し打たせて取る内容で、まだ潜在能力を秘めていそうだ。181cmの右腕投手で角度のある球を投げる北原旭投手も注目。さらに1年時に甲子園に出場をしている中村一翔選手は、180cm82kgの外野手で50m5.9秒の足で攻守にスピードがある。

東明館は2年生右腕の今村珀孔投手が主戦投手。コントロール良くストレートと変化球を投げ分けて抑えていく。左腕の亀山慶介投手も技巧派で打たせて取る。4番遊撃手の出田龍太朗選手は確実な打撃と守備が魅力。

多久の柴田翔太投手は、球質の良い球を投げ、165cmの身長から浮き上がるような印象を与える。強豪を次々と抑えていく小さな大投手。有田工業は中尾亮太も139キロの速球を投げる右腕投手。唐津工の坂本拓郎投手も力強いフォームでグイグイ押してくる。

敬徳の草場遙斗選手はスイングスピードが158キロを記録する強打者。唐津商の宮崎勇輔選手は177cm74kgの内野手で、体はそれほど大きくないが飛距離の出る打撃が魅力。唐津工の岩本昂大選手は投手から捕手に転向し抜群の肩を見せる。

佐賀学園の坂井祐斗選手も、1年時から中軸を任されていた選手。太良の北村爽空選手は、177cm75kgの外野手で、春は1試合4本の二塁打を記録するなどシャープな打撃が魅力。高志館の糸山建蔵選手は、168cm72kgのスイッチヒッターだが、球場の深い所で放り込む長打力がある。

2年生では、北陵の眞木凛太郎投手が楽しみ、184cm77kgの右腕で、制球された低めのストレートにツーシームとスライダーはキレが抜群。佐賀工の大仁田流磨投手も180cm77kgの左腕投手で、140キロを超す速球を投げる。来年が楽しみ。

2021年度以降-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント